上司に嫌われてばかりのコミュ障会社員が上司に望むこと

この記事は約3分で読めます。

振り返ってみれば私の会社生活は上司から嫌われてばかりの日々だったなと感じます。

(会社生活がまだ終わったわけではありません。)

最初に所属していた部署では上司と衝突した挙句その部署から追放され、その次の部署でもある現状の部署でもやはり上司から煙たがられています。


私は上司から見れば本当にやっかいな部下だと思います。

私が上司から嫌われる理由のひとつには、上司に対する反抗的な態度をとることがあるはずです。

私は上司に対してもわりとはっきりと物事を言う性格で、ときにはあからさまに否定的な態度を示すこともあります。

自分に対して否定的な態度を示す人間に好意を持つ人間も少ないでしょう。


ただ、突き詰めて考えていくと、私が嫌う上司の態度にはある共通点があります。

これは裏を返せば私が理想とする上司像とはどういった人かということにつながる話でもありますので、今回はそのことに関してまとめておきたいと思います。

私が嫌いな上司の言動

これは上司だけに限りませんが、私がひどく嫌う態度や言動があります。

それが話を投げることです。


私は理屈っぽい性格で、たとえ上司であってもその発言に納得がいかなければ食い掛ってしまうことがあります。

私は最近話題になった正論を押し付けて相手を追い詰める「ロジハラ」気質なところがあり、そんな私は上司から見れば非常に面倒くさい奴で、相手をするのは相当骨が折れる作業なのでしょう。

【参考記事】


「もういいよ」と言われて話を打ち切られたことは幾度となくありますし、そもそも話をすることすら拒まれたことすらあるくらいです。

話を一方的に打ち切る上司は結論を出せない人

私は結論を出すことに非常に重きを置いています。

ビジネスの世界ではあらゆる物事に対して常に何らかの結論を下していかなければなりません

そうでなければ物事は先に進まず、何も生み出せなくなるからです。

【参考記事】


そんな私の立場から言わせてもらえば、いくら私が面倒くさい人間だからと言って話を一方的に打ち切って会話を終わらせる行為は「結論を出せない人」の行動に思えてしまうわけです。

そのような「結論を出せない上司」に従わなければならないことに強い不満を感じてしまうのです。

上司に嫌われてばかりのコミュ障会社員が上司に望むこと

ロジハラが問題視されているように、正論を語ることがいかなるときでも正解であるとは限りません。

正論を追い求めることは私の悪い癖なのかもしれません。

ただ、そんな私に対しても辛抱強く接してくれることを私は上司に求めています


上司と部下は対等な関係にありません。

そして、対等な関係にない間柄で行われる話し合いというのはときにひどく理不尽なものとなりえます


これまで上司の発言や態度に理不尽さを幾度となく感じてきました。

話を一方的に打ち切って、「あいつは何もわかっていない」などといったように、さも何もかもわかったかのようにふるまう行為はそうした理不尽さを余計に助長する行為です。


最後まで根気よく付き合ってくれる上司を望んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました