間接部門の管理職を尊敬できない理由

この記事は約3分で読めます。

私は現在、間接部門に身を置いて働いています。

しかしながら、私の率直な気持ちとして、間接部門の管理職はあまり尊敬できないと感じます。

間接部門の管理職を尊敬できない理由

私が間接部門の管理職を尊敬できない理由としては、大きく以下の2つの理由によります。


  • 成果に対して責任をもたない
  • 人材の育成ができない


マネジメントに対する考え方は人それぞれでしょうが、一般的なマネジメントとしてよく挙げられるものに成果責任と人材育成があります。

この成果責任と人材育成の両方に関して、間接部門の管理職は直接部門の管理職と比べて能力が劣ると私は考えています。

間接部門の管理職は成果に対する責任意識が低い

間接部門は会社の利益には直結しない仕事をする部門です。

こうした目に見える利益を常に気にかけなければならない直接部門とは違い、収益責任が問われない間接部門の管理職の成果に対する責任意識は低いと感じます。


改善活動という名のもと、納期もノルマもなくただ自分たちのできる範囲で仕事をして最後にできたところまでをパワポにまとめて発表しておしまい、間接部門ではそんな仕事をしている管理職が大勢います。

間接部門の仕事というのは、「しなければならない(マストな)仕事」というよりは「したほうがいい(ベターな)仕事」というものが多いです。

そういった事情もあってか、間接部門の人たちの働き方というのはどこか責任感に欠けるような印象を受けてしまうのです。

間接部門の管理職は人材育成ができない

そしてさらに問題なのが、このように成果意識の低い人たちというのは部下や後輩の指導力にも劣るということです。


間接部門で働いていて感じるのが、自身が主体となって仕事をする機会の少なさです。

直接部門であれば、ある程度歳を重ねた社員はプロジェクトのリーダーまたはマネージャーとして自身がプロジェクトの中心となって動く経験を積み、その中で人をリードしていく手法などを学びます。


ところが、間接部門の社員はどちらかというと直接部門のサポート的な業務が多くなるため、自身はそういったリーダーとしての経験をほとんど積むことなくマネージャークラスの役職に就くことも少なくありません。

そのように成果を意識することなく仕事をしてきた人たちは、課題の解決や目標達成に向けて今何をすべきか、どのように対処すべきか、そういった判断力や思考力に欠けており、部下や後輩を上手くリードできないのです。

中間管理職という肩書きの平社員

中間管理職は本来大変な仕事です。

中間管理職は自身の上司と部下の両方を相手にしなければならないからです。


しかしながら、自分の上司のほうにしか目が向いていない管理職も少なくありません。

ただ上からの指示に従っているだけ、そんな管理職です。

部下の話を聞くのも、それは部下のためではなく上司がその上に報告するため、そう感じられてしまうのです。


中間管理職という肩書きを持つ平社員と変わらない社員が会社には蔓延しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました