私が上司に対しておべっかを使わない理由

この記事は約3分で読めます。

私は職場の嫌われ者ですが、私が(特に上司から)嫌われる理由のひとつに私が上司に対しておべっかを使わないからというのがあると思います。

見え透いたお世辞を言ったり、相手のご機嫌を取るような行動を取りません。

むしろ、相手の機嫌を損ねるようなことを(そうなると分かっていながら)言ってしまいます。


一応断っておきますが、私自身はおべっかを使うことに対してはどちらかというと肯定的な立場です。

私が周りの人たちに対しておべっかを使わない理由は、おべっかを使うことに抵抗感があるからではなく、単におべっかを使うに値しないと考えているからなのです。

おべっかが合理的である理由

おべっかという言葉を聞くと否定的なイメージを持つ方も多いと思いますが、私自身はおべっかを使うことに対しては肯定的な立場です。

それは、私がおべっかを合理的なものだと考えているからです。


おべっかを使うことはサラリーマンにとって絶対に必要な能力のはずです。

会社というのは組織であり、組織活動において重要視されるのは理よりも情です。

ですから、相手の感情を害さない、むしろ相手に気持ちよく仕事をしてもらうことが会社生活においては非常に大切なわけです。

それには、おべっかやゴマすりといった能力が非常に重要になってくるわけです。

組織全体でパフォーマンスを最大化する

組織で働く一員として、おべっかを使って相手に気持ちよく仕事をしてもらうことはとても大切です。

しかしながら、それは単にチームワークのためだけではありません。

組織全体でパフォーマンスを最大化することを考えたときに、おべっかを使うことはあなたが仕事で頑張ることと同じくらい貢献するかもしれません。


大企業に美人な女性が多い(?)理由として、それは男性社員の士気を上げるためだというウソかホントかわからない話があります。

その女性社員が仕事で高いパフォーマンスを発揮するというよりも、その女性社員がいることで男性社員が仕事で奮起して高いパフォーマンスを発揮し、それが会社全体としてみればパフォーマンスの向上につながるという考えです。


要はおべっかを使うこともこれと似たようなことだと思うのです。

あなたが優秀な社員におべっかを使うことでその社員は気持ちよく仕事をすることができ、その社員の仕事のパフォーマンスが上がるかもしれません。(もちろん、綺麗な女性社員ほどの効果をもたらすことはできないと思いますが。。)

そして、それはあなたが必死に努力すること以上に会社に対して貢献をもたらすかもしれないのです。

私が上司に対しておべっかを使わない理由

おべっかに対して私は上記のような考えを持っているわけですが、当の私は上司に対しておべっかを使いません。

その理由はここまでの話からなんとなくご想像がつくかと思います。


私は上司の仕事のパフォーマンスを上げることが会社に対する貢献にはならないと考えています。

チームワークが乱れたところで、もともとチームでの活動はしていませんので特に困ることはありません。

ですから、上司のご機嫌をとるようなことはしません。


ただ、何度も言いますが私はおべっかに対して肯定的で、自分が有能だと思う社員に対してはむしろ積極的におべっかを使っていきたいと思っています。

ただ、どちらかと言えばその対象は自分よりも歳が上の人たちではなく、自分と同年代、あるいは自分よりも歳が若い人たちになることが多いというだけの話なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました