珪藻土商品のアスベスト含有問題について思うこと

この記事は約2分で読めます。

大手ホームセンターが販売する珪藻土商品に国の基準値を超えるアスベストが含有していた事実が次々と発覚し、大きな話題となっています。

カインズ、珪藻土バスマットなど17商品を回収 アスベストが基準値超の可能性

<速報>ニトリも発がん危険のアスベスト含有品販売 バスマットなど240万個回収へ 中国の1社で製造


このニュースは個人的に衝撃的でした。

珪藻土のバスマットは私も愛用しています。

シンプルな見た目に反して吸水性や速乾性などの機能性に大変優れていて、軽く人生観が変わったと言えるくらいのアイテムでした。

過去には下の記事でもご紹介させていただいたほどです。


それだけに、そんな身近な商品でこのような問題が起こったことは大きな驚きを覚えます。

珪藻土の商品全般に対するイメージダウンにもつながりかねません。

メーカにはこの事実を重く受け止めていただきたいと思います。


幸いにも、私は肌に触れるものには極力気を遣うようにしていて、現在使用しているバスマットも日本製のものです。 (上記の記事の中でご紹介させていただいたバスマットもこの日本製のものです。)

日本製だからといって絶対に安全だとは限りませんが、製造元のフジワラ化学のホームページを確認したところ、この報道を受けてニュースが公表されていました。

同社の製品へのアスベストの含有はないとのことです(外部検査機関でも検査済みとのことです)。

弊社NEW足乾バスマット(珪藻土バスマット)について


ひとまずは今後も安心して使えそうです。

何事も気を遣うに越したことはないということでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました