仕事と株とブログのこれから

この記事は約4分で読めます。

本日が国内株式の最終取引日(大納会)でした。

会社の仕事納めは先週末でしたが、私は投資家ですのでこれで本当の仕事納めです。


仕事がひと段落したところで、改めてこの1年間を振り返ってみたいと思います。

仕事はボロボロだった

まず私の本業のサラリーマンとしての仕事の話ですが、結論から言うとボロボロでした。

仕事がうまくいっていない理由については、一言で言えば私に協調性がないからです。

円満な人間関係を築くための能力や意識に欠けています。

そして、それを自分で自覚していながらも改善しようという意思も持っていません。


残念ながら、それが改善されることは今後もないでしょう。

私がこの先生き残っていく唯一の方法としては、人との関わりを極力減らしていくことです。

私は現在そのような部署への異動願いを出していますが、それが受け入れられる可能性は低いような気がします。

会社としても、私のようなダメ社員のために便宜を図る義理はないですからね。


ですから、環境を変えたいのであれば自分から行動を起こすしかありません。

これは来年以降の課題です。

株式投資の成績はまずまずだったが…

一丁前なことを口にしながら何の行動も起こせない私のような人間にとって、株式投資は唯一の救いです。

株式投資はサラリーマンがもっとも気軽に始められる副業です。

株式投資の良いところは、自分自身が優秀でなくても優れた企業や人間に便乗することでそのおこぼれをもらうことができることです。 

ですから、仕事でうまくいっていない、自分は優秀な人間でないと考えている人にほど株式投資はおすすめです。

自分が優秀でなくても、株式投資には成功するチャンスが十二分にあります。


実際、こんなポンコツな私ですが今年の投資成績も年間損益は無事プラスで終えることができました。

別にこれは私が優れた投資家であるからというわけではなく、低調な実体経済とは裏腹に株式市場は堅調に推移しており、私もこの恩恵を受けたに過ぎません。


この10年間、好調な株式市場の恩恵をうける形で株式投資によってそれなりの額を積み上げることができました。

ただ、株式投資で得られる絶対額としては本業の給与収入に匹敵するものではありません。

私が株式投資を行う目的は、あくまで給与収入の代替手段を得るためです。

別に生活水準は今より落ちても構わないので、今の給与収入の3〜4割減の収益が得られるのであればそれで十分です。


ですが、今の投資のスタイルではそれすら叶えることは難しいと感じてきました。

現状のやり方だと、どちらかというと今の仕事のスタイルを変えずに現状の生活水準を向上させることには貢献するかもしれませんが、それは私が望むものではありません。

目的の達成のためには意識の変革が求められています。

ブログの執筆が与えた影響

この1年間で私に起きたもっとも大きな変化は間違いなくブログを始めたことでしょう。

ブログを始めたことは私に良い影響と悪い影響の両方をもたらしました。


まず悪い影響としては、こうしてブログを書くことでより自身の理屈っぽさに拍車がかかったことです。

こうしてブログに過去の出来事や自分の考えをまとめることは頭で考えるだけの何倍もの論理的な考察を必要とします。

そして、それは私の会社生活に悪影響を及ぼしました。


この1年間を振り返ってみると、他人と意見が衝突することが多かったような気がします。

このブログの影響もあって自分の意見を強く持つようになり、そのことで衝突したことが何度かありました。

意見が衝突することそれ自体は必ずしも悪いことではないという見方もできると思います。

ただ、意見の衝突がただの不毛な言い合いにつながることも多かったです。


論理性を重視するあまり相手の感情を逆撫でする、それが私の悪い癖です。

特に目上の人とのやりとりではそれが顕著でした。

意見が衝突した際に、こちらとしては理屈が通らない話に従うわけにはいかない、一方で相手も立場上引くわけにはいかない、そのような論理と感情論が衝突した実に不毛な争いを何度かしてしまいました。

それが原因で過去に部署を追放されたことがあるにもかかわらずです。


おそらく、もうこの性格が変わることはないのだと思います。

だからこそ、環境を変えたいのです。

仕事と株とブログのこれから

とは言え、ブログを始めたことが私にとってマイナスであったとは思っていません。


ブログはアウトプットの場です。

そして、こうしてブログ上で何かしらをアウトプットしていくためには、それをインプットしていくことが求められます。

それは、今の私に欠けている行動意欲の向上につながるものだと思っています。

実際、新しいことにチャレンジしようとする意識はこれまでに比べれば高くなってきていると感じます。

現状はまだこうして愚痴や不満をアウトプットすることしかできていませんが、いずれはそういった状態から脱却して次のステップに移っていければいいなと思っています。



仕事にしろ株にしろ、あるいはそれ以外のことにせよ、このブログを有意義なアウトプットの場として活かしていければと思います。

アウトプットこそが最大のインプットですからね。


それでは皆さん、良いお年をお迎えください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました