【銘柄紹介】サラリーマン視点での企業分析 #11~プロジェクトを成功に導くPMOのリーディングカンパニー マネジメントソリューションズ(7033)

この記事は約4分で読めます。

企業や組織におけるプロジェクトを円滑に進行し、成功に導く。

その達成において重要な役割を担うのがPM(プロジェクトマネージャー)です。


小規模なプロジェクトであればPMだけでプロジェクト全体を管理することも可能かもしれません。

ですが、プロジェクトの規模が大きくなってくるとそれも難しくなっていきます。

そのため、大規模なプロジェクトではPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)と呼ばれるPMを補佐する組織を立てるケースも近年増えてきています。

プロジェクトの大規模化や複雑化は今後も一層進んでいくと考えられますので、こうしたPMOの需要は今後ますます増大していくことでしょう。


PMOコンサルティングのリーディングカンパニーであるマネジメントソリューションズ<7033>はそんなPMO需要の高まりを受けて着実な成長を続けています。

来期の業績予想では大幅な増益を見込んでおり、また中期経営計画でも高い目標を掲げる同社の今後に注目が集まっています。

PMOとは?

PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)Project Management Officeの略で、企業におけるプロジェクト支援を行う組織です。

PM(プロジェクトマネージャー)の仕事を組織(チーム)として補佐していくというのがPMOのイメージになります。


プロジェクト運営においてPMはきわめて重要な役割を担っています。

プロジェクトを円滑に進行していくためには高いスキルを備えたPMの存在が必要不可欠です。

PMには高度な専門知識や技術を取得していることに加え、リーダーとしての人格も求められています。


そんなPMはプロジェクトの責任者として多くの実務をこなしていかなくてはなりませんが、プロジェクトの規模が大きくなればなるほどPMだけですべての実務を担っていくことは難しくなっていきます。

PMOはそんなPMに代わってプロジェクト全体の進捗や課題の可視化、PMの意思決定支援などを行っていく集団組織です。

米国ではこのPMOが広く普及しており、米国の大企業の実に95%もの企業がこのPMOを社内に設置しているといったデータもあります。


こと日本に関してはPMOはまだそれほど普及していないというのが実情です。

とは言え、日本においても働き方改革やIoT・AIなどによるビジネス環境の激変に伴いプロジェクトマネジメント支援の需要は高まってきており、今後は日本においてもPMOは普及していくことが予想されています

マネジメントソリューションズはPMOのリーディングカンパニー

マネジメントソリューションズ<7033>はこのPMOをソリューション化し、企業のプロジェクトマネジメント実行支援を行っています。

日本において、こうしたプロジェクトマネジメント支援に特化した企業というのはほとんど存在しません

非常に独自性の高いビジネスモデルと言え、これが同社の最大の強みだと考えられます。

長年かけて培った独自のPMOソリューションとブランド力を構築しており、他社との激しい競争を回避しながら旺盛なPMO需要を追い風にして着実に成長していくストーリーが期待できます。


同社の業績に関して、20年10月期の売上高は前期比34%増と売上に関しては引き続き高い成長率を維持しています。

営業利益は本社移転費用や広告宣伝費の増加などの要因で減益となりましたが、来期(21年10月期)の営業利益は一転前期比4.2倍の8.5億円の最高益を見込んでいます。

図:マネジメントソリューションズ<7033> 業績推移


また、中期計画としても、20年10月期の営業利益2億円に対して25年10月期は営業利益50億円の高い目標を掲げています。

同社のこれまでの成長スピードを見れば決して不可能とは言えない数字であると言え、それを実現できるかどうか同社の今後に注目が集まっています。

マネジメントの外注

プロジェクトマネジメントに限らず、会社で働いている中でマネジメントが軽視されていると感じることは決して少なくありません。

マネジメントを行う人たちには、専門知識だけでなくコミュニケーション能力やドキュメンテーション能力、さらには周りとの協調性といった人格的な部分まで求められています

果たして、そのような人材が社内には一体どれほどいるでしょうか。

また、会社にはそのような人材を育成するスキームがあるでしょうか。


マネジメントに本当に重きを置くのであれば、マネジメントの知識や経験が豊富である専門家にそういった仕事を外注するのも合理的な判断だとは思います。


会社の組織や活動には合理化する余地などいくらでもあるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました