社会の脱コミュニケーションが急速に進んでいる

この記事は約2分で読めます。

新型コロナウイルスの感染拡大により社会構造が激変しています。

テレワーク、学校の休校、飲み会の自粛、人込みの敬遠…。

ここにきて世の中は急速に脱コミュニケーション(コミュニケーションレス)の方向に向かい始めました。


いよいよこのサイトの時代が来たのかもしれません。

コロナウイルスで働き方改革が加速した

コロナウイルスの猛威により働き方改革の流れが加速しました。

皮肉な話です。


テレワークはその筆頭です。

【参考記事】

テレワークが普及すればもう皆が一同に集まる必要はありません。

もう職場で対面コミュニケーションをとる必要がありません。

苦手な上司や部下、同僚と顔を合わせなくても済むようになるのです。


現代人を苦しめてきたコミュニケーションの呪縛からようやく解放されるのです。

コロナウイルスよりも人間のほうが怖かった

こうした非常時や緊急時は人間の本性をあぶりだします。

海外ではアジア人に対する差別や偏見が広まっているようです。

国内においても、このようなツイートが先日大きな話題を呼びました。

「コロナよりも怖いのは人間だった」。ドラッグストアの店員が語る恐怖の体験


人類皆仲良しだなんて幻想だってことがよくわかります。

つい最近ではコロハラなる言葉も登場したそうです。

職場で急増するコロハラ「咳をしたから謝罪しろ」「コロナだろ、会社くるな」


人との関わり合いやコミュニケーションの恐ろしさがよくわかります。

今はコミュニケーションレス化の移行期間

もちろん、今の状態は一過性のものだとは思います。

騒動が収束すればそのうち元の状態に戻るでしょう。


でも、もしかしたら今回の騒動がコミュニケーションレス社会について考える良い機会になるかもしれません。


私はコミュニケーションレス社会の到来に向けて着々と準備を進めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました