「あなたのため」という言葉が苦手

この記事は約3分で読めます。

「あなたのために~」「あなたのためを思って~」

私はこの言葉がとにかく苦手です。

この言葉には話し手のエゴが垣間見えるからです。

この言葉を付け足すことで自分の主張を正当化しようとしている、私にはそのようにしか感じられないのです。


もちろん、本気で相手のためを思ってこの言葉を使う人もいることでしょう。

しかしながら、多種多様な価値観や生き方が存在する中でいったい何をもって「あなたのため」と言っているのでしょうか。

あなたの狭い視野を一方的に押し付けることにはなっていないでしょうか。


「あなたのため」という言葉は軽々しく使うべき言葉ではないと思うのです。

「あなたのため」という言葉が苦手

私は「あなたのため」という言葉がとにかく苦手です。


この言葉には話し手のエゴが垣間見えてしまいます

この言葉を付け足すことで自分の主張を正当化させようとしているように私には感じられてしまいます。

「あなたのため」と言っていながら実は自分に都合のいいようにものを言っている、つまり「あなたのため」という言葉は「自分のため」に使われるケースが非常に多いのです。


また、たとえその人が本当に「あなた(相手)のため」だと思っていたとしても、それが本当に相手のためになるかどうかはわかりません

その人とその相手では価値観も考え方もまるで違うかもしれません。

あなたの価値観を一方的に押し付けることがないよう、注意を払ったほうがいいでしょう。

上司の「あなたのため」は「自分のため」に過ぎない

「あなたのため」という言葉がもっとも悪用されるケースというのは上司と部下とのやり取りです。

上司から「あなたのために言っている」「あなたのために仕事を任せている」などのようなことを言われた経験はないでしょうか。


正直、上司の言う「あなたのため」ほど卑怯な言葉はないと思っています。

というのも、何かしら理由をつけさえすれば大抵のことは正当化できてしまいます。

特に上司と部下のように上下関係が存在する間柄ではなおさらです。

ですから、上司が「あなたのため」という言葉を使うことには自分の発言を正当化しようとする意思が垣間見えてしまうのです。


時として、上司は自分の主張を正当化するため、部下に対して「あなたのため」なとどという言葉を使い、部下を屈服させようとします。

上司の「あなたのため」は「自分のため」に過ぎないのです。

そこまで重く受け止めないようにしましょう。

相手のためになるかはわからない

そもそも、相手のために何かをするいうのはとても難しいことです。

相手のことを思って発言したり行ったりしたことが、実際には相手のためにはならなかったという経験は誰もがしているはずです。


多種多様な価値観や生き方が存在する中で、いったい何をもって「あなたのため」と言えるのでしょうか

時代の流れとともにその価値観なども変化していきます。

会社の中で評価されることは、もはやすべての人々にとって最重要視されるものではなくなってきています。

仕事を第一に考える人もいれば、家庭やプライベートを最優先に考える人もいます。


そのような人たちに対して、会社の中で評価されることを絶対的な価値として捉え、たとえばもっと会社から評価されるよう仕事への取組み姿勢の改善を求めることは必ずしもその人のためにはなりません。

その人は会社での評価以上に大切なものを自分の人生に見出しているからです。

それはもはやあなたの一方的な価値観の押し付けに過ぎないのです。


「あなたのため」という言葉はその発言をする人たちの視野の狭さを感じさせる言葉になりがちです。

安易に使用するべきではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました