お水がいらない「ラーメン横綱」の冷凍食品をご紹介します

この記事は約3分で読めます。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、感染拡大防止を目的として営業時間を短縮する飲食店も増えてきています。

食生活を外食産業に頼っている私にとってはなかなかつらいところですが、現在の状況をふまえるとこれも仕方ありません。


とは言え、最近はなかなか自炊できずにいます。

夜遅く帰宅したときなど、暖房も効いていない完全に冷え切った自宅に戻ってからわざわざ食事を作る気など起きるはずもありません。

インスタント食品や冷凍食品で食事を済ますことも多くなってきています。


ということで、本日はそんな自宅で簡単にできる冷凍食品の紹介として、以前に当ブログで取り上げた「ラーメン横綱」の味を再現した冷凍ラーメンをご紹介させていただきます。

【参考記事】

「ラーメン横綱」の冷凍食品

「ラーメン横綱」は京都発祥のラーメンチェーン店です。

このラーメン横綱の冷凍ラーメンが冷凍食品メーカーのキンレイから販売されています(「お水がいらないラーメン」シリーズ )。

全国のスーパーやドラッグストアなどで購入することができ、私の近所ではドラッグストアの「クスリのアオキ」に置かれていました。


図:ラーメン横綱 パッケージ


こちらのラーメン、包装パッケージにも書いてあるとおり水なしで作ることができます

図:ラーメン横綱 表

図:ラーメン横綱 裏

「ラーメン横綱」の調理方法

お水がいらないと言うことで、調理方法はいたってシンプルです。

そのまま鍋に入れて温める、ただそれだけです。

図:ラーメン横綱 作り方


鍋に凍ったままのラーメンをそのまま入れます。


その後、弱火で煮込みます。


スープが溶けてきたら火力を上げて煮込みます。


全体的にぐつぐつ煮えてきたら完成です。

ラーメン横綱のお味は?

写真があんまり美味しそうに撮れてなくて大変申し訳ありませんが、こちらが出来上がり状態です。

ラーメンにチャーシューが2枚とめんまが3~4本(写真は1本しか写っていません)入っています。


ちなみにですが、写真に写っているどんぶりはラーメン横綱の公式通販サイトで購入したものです。

(ラーメン横綱には公式通販サイトがあり、そちらからもラーメン横綱の冷凍ラーメン(キンレイから出ているものとは別の商品)をお取り寄せすることができます。)


さて、肝心のお味ですが、結論を言うと及第点といったところでしょうか。

まず、写真で見てもわかると思いますが、量は少なめです。

男性であれば一食分としてはかなり少なく感じることでしょう。


また、麺も正直微妙でした。

もともと横綱のラーメンは麺に関してはそこまで特徴はない(と私は思っている)のですが、冷凍ラーメンでもそれは同じ印象です。

若干麺が伸び気味でしたので、もしかしたら煮込みすぎたのかもしれません。

パッケージには細かい茹で時間までは書かれていませんが、今度作るときには茹で時間をもう少し減らしてみます。


一方、肝心のスープですが、こちらに関しては確かに横綱らしさを感じる出来となっています。

伊達にラーメン横綱の名前をつけているだけのことはありますね。

ただ、やっぱりお店で食べるのと比べてしまうと、どうしても味は落ちるかなと感じてしまいます。


冷凍食品全般に言えることですが、特にラーメンは冷凍食品だと味が落ちやすいような気がします。

そのあたりもラーメンが外食の中でも特に人気がある理由なのでしょう。

(唯一、私が冷凍食品でもクオリティが高いなと感じるのがニッスイから出ているちゃんぽんです。あれは本当にクオリティが高いと思います。)


やはり、できることならぜひお店で食べたいものですね。

次の住まいはぜひラーメン横綱に通える距離のところにしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました