Web会議ができない社員はクビにすればいいと思ったという話

この記事は約3分で読めます。

コロナ禍で急激に普及したと言えるのがWeb会議ではないでしょうか。

同じく普及したリモートワーク(テレワーク)にはいまだ否定的な意見が多い印象ですが、Web会議に関して言えば、肯定的な声が比較的大半を占めるのではないでしょうか。

私の勤める会社でもこのWeb会議は広く浸透し、おそらく今後コロナの影響が収まって以降も継続的に使われることになるでしょう。


そんな中、こうした新しいもの、新しい働き方に対してある種の拒絶感を示す人もいます。

私の勤務先にも、いまだにWeb会議を受け付けないというだけでなく、そもそもその使い方がわからない人すらいるという話を聞きます。

しかも、これまでWeb会議をする機会がなかったからというわけでなく、定期的にWeb会議に参加していたにもかわらずです。(使い方がわからないので、部下に毎回設定してもらっているらしいです。)


その話を聞いて、私はこう思ってしまいました。

そんな社員はクビにすればいいのに、と。


今回は、その真意についてお話しさせていただきます。

Web会議ができない社員はクビにすればいいと思った理由

1年近くも経過していまだにWeb会議が使えない社員がいると聞いて、私はそんな社員はクビにすればいいと思ったわけですが、これは何も本当にその社員をクビにすればいいという意図ではありません。

この発言の真意としては、「Web会議が使えない社員はクビ」と通達すればその社員は絶対にWeb会議を使えるようになるはずなんだからそうするべきだというものです。

Web会議を使うのにあたって、特に難しい設定などが必要になるわけではありません。

1~2回試せば使えるようになる程度のもののはずなのです。


要するに、その社員はその1〜2回すら今まで試そうとしてこなかった、要は新しいことを覚える気が全くないということなのです。

私はそこに問題を感じているのです。

会社は過去を評価する場所

サラリーマンは、過去の実績や経歴から現在の契約を勝ち取っています

会社の社員は、これからの仕事を期待されてではなく、過去の実績に対してその役職や肩書きが与えられています。

だからこそ、部下からすれば上司はどうしようもなく無能に映ったりすることがあるのでしょう。

これは有名なピーターの法則ですね。

【参考記事】


会社というのはこのような場所ですから、社内における自分のポジションをある程度確立した人の中にはどうしようもないくらい向上心に欠ける社員がいるのも事実です。

実際、新しいことに強い抵抗感を示す中高年の社員は多いです。

新しい技術や仕組みを覚えようとせず、これまで自分が積み上げてきた経験が通用する仕事しかしない、中高年の社員に対してそのような印象を抱くことは少なくありません。

変わりつつある働き方と変わらない社員

コロナ禍によって、人々の働き方は大きく変わりました。

しかしながら、それによって社員ひとりひとりの意識や適応力の差というのも明らかになったような気がします。

変わりつつある働き方に対して、それに適応することのできない社員、変わろうとしない社員もいます。

そして、それは特に中高年の社員にほど多い印象です。


確かに、そういった人々の過去の努力によって今があり、その下に我々の生活が成り立っているというのも事実です。

その事実はしっかりと受け止めるべきなのかもしれません。


ただ、大きな変化を伴う1年間を過ごしてきた中で、これまで以上に思うところがあったというのもまた確かなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました