若者は会社を辞めることでしか自分の価値を示せない

この記事は約3分で読めます。

若者が会社を辞めると会社はそのことを嘆きますが、私からすれば若者が会社を辞めるのは大変意義のある行動と言えます。

若い社員が自分の価値を示そうと思うのであれば、会社を辞めることもひとつの手であるからです。

日本の会社には若い社員を評価する仕組みがないのです。

会社を辞めることが悪だとは思わない

若い社員が会社を辞めると会社はそのことを嘆きます。

中には、会社を辞めた若者に対して、「忍耐力がない」だとか「自分勝手だ」とかいった不満を口にする人もいます。


ですが、私としては会社を辞める若者に対して賛辞を送りたいと思っているくらいです。

私は会社を辞めることが悪だとは思いません。

そもそも、私は新卒で入った会社で今なお働き続けているわけですが、それは会社のためなどではありません。

自分のために働いているに過ぎません。

ほかの多くの人たちもそれは同じでしょう。


働くことは何よりもまず自分のためにすべきことであり、その会社で働くことが自分のためにならないのであれば、会社を辞めることも決して間違った選択ではないはずです。

若手社員を評価しない日本の会社

日本の会社には若い社員を評価する仕組みはない、そう言ってしまっても過言ではないかもしれません。

日本の会社の多くが年功序列の雇用制度となっており、社員の評価では年齢や勤続年数が何よりも重視されます。

どれだけ優秀で将来有望な社員であったとしても、上司の給与を上回ることは極めてまれです。

誠意は言葉でなく金額という言葉も世の中にはあるくらいで、シビアな意見を言ってしまえば、給料が低い=評価されていないということです。


また、そもそもの評価(人事評価)自体もいい加減なものです。

かたやまだ若いながらも主体性やリーダーシップを発揮して意欲的に働いている若手社員と、かたやリーダークラスの職位につきながら常に受け身の姿勢のベテラン社員。

本来、求められるレベルも低く結果も出している若い社員が、なぜか求められるレベルも高く結果も出ていないベテラン社員と同じ査定がつく、そんな理不尽なことが平然と起こってしまうのが日本の会社です。

若者は会社を辞めることでしか自分の価値を示せない

日本の会社は若い社員を評価することができません。

一方で、転職市場は若さが有利に働く場所です。

中高年の社員がろくに仕事もせず会社に居座り続けられる特権を活かしているのと同じように、若い社員も若さという特権を活かして早々に会社を辞めるのはある意味理に叶っているとも言えます。

少なくとも、ただ評価されないばかりでなく、仕事の作業量が不当に多かったり、上司から理不尽に詰められるなど人間関係にも不満を抱えているのであれば、会社を辞めることを躊躇する理由はほとんどないように思えます。


若者は会社を辞めることでしか自分の価値を示せません

ですから、会社を辞めることは消極的な選択ではなく、むしろ積極的な選択であると言えます。

会社を去った優秀な人たちが、より良い道に進み、新しいフィールドで活躍してくれることを心から願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました