過去にこのブログで取り上げた銘柄の投資成績を振り返ってみる

この記事は約3分で読めます。

私は株式投資の素晴らしさをもっと多くの人たちに知ってほしいと思っています。

そのため、株式投資に関して聞かれれば何でも答えたいと思っているのですが、質問の中にも回答が難しいものがあります。

その一つが、「おすすめの銘柄は何ですか?」といった類の質問になります。

特定の銘柄をおすすめするのは難しい

この質問に対する回答には毎回苦慮します。

株価というはっきりと目に見える形で結果が出てしまう投資は、おすすめの映画や飲食店を紹介するのとはわけが違います。


また、自分で買うのと相手に勧めるのでも、その重みは大分違います。

自分で買うのであれば、それで何かあっても自分の中だけで完結する話ですが、他人を巻き込んでしまっては目も当てられませんからね。

実際、過去にはそれで痛い目にも遭っています。

【参考記事】


このように、他人に特定の銘柄をおすすめするのは非常に難しいことです。

まして、不特定多数の人が見ているネット上で特定の銘柄を紹介するなんてことは、とてもじゃないですが恐れ多くて私にはできません。

このブログでも定期的に銘柄紹介の記事を上げていますが、あくまで投資をする上での視点や考え方を知ってもらいたいという意図で書いています。

決してその銘柄の購入を推奨しているというわけではありませんので、その点はどうかご理解いただきたいと思います。

このブログで取り上げた銘柄の投資成績(’21年3月12日時点)

でも、(購入を推奨しているわけではないにせよ)仮にこれらの銘柄に投資していたらどうなっていたのでしょうか?

そこで、今回は過去にこのブログで取り上げた銘柄に投資していた場合の投資成績を振り返ってみたいと思います。


このブログでは「【銘柄紹介】サラリーマン視点での企業分析 #〇〇」というテーマで、主にビジネス現場での業務改善などに寄与するツールやサービスを提供する企業を紹介させていただいています。

【参考記事】


このテーマではこれまでのべ13銘柄を取り上げていますが、このうち現在日本の東証に上場している11銘柄について、ブログで取り上げた翌営業日の株価と2021年3月12日時点での株価の比較(騰落率)を以下の表にまとめてみました。

証券コード銘柄名掲載翌日初値21/3/12終値騰落率
3064MonotaRO48005880+22.5
6541グレイステクノロジー48355640+16.6
3697SHIFT1616012370-23.5
3969エイトレッド27032274-15.9
6532ベイカレントコンサルティング1702024240+42.4
4435カオナビ59803685-38.4
4490ビザスク42303915-7.4
4443Sansan63908820+38.0
7033マネジメントソリューションズ20781855-10.7
4475HENNGE83907690-8.3
7034プロレドパートナーズ37453365-10.1
+0.5


大きく株価が上がっている銘柄もあれば、大きく株価が下がっている銘柄もありピンキリです。

ただ、結論としては、これらの銘柄をすべて同額ずつ購入していたと仮定した場合のトータルの投資成績は約+0.5%となり、(今のところは)ほぼトントンという結果となりました。

この結果に関して、ひとまず安心すべきか、それとも日経平均が3万円を超えてくるような好調な相場環境の中でこの程度の成績しか上げられないことを嘆くべきかは判断に困るところです。

株式投資は自己責任でお願いします

いずれにしても、やはりおすすめの銘柄を他人に紹介することはリスクを伴い、難しそうです。

また、こうしたインターネット上で特定の銘柄について言及することは「買い煽り」行為となり、場合によっては株価操縦などの罪に問われるリスクもありますからね。

(もちろん、このブログで触れる程度であればそんな心配は無用です。)


そのため、くれぐれも株式投資は自己責任でお願いします。

その上で、こんなしょうもないブログにはなりますが、皆様のお役に立てればと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました