日本の学校でお金の教育は行うべきなのか?

この記事は約4分で読めます。

長らく、日本人の金融リテラシーは諸外国と比べて低いと言われてきました。

そんな日本の学校において、2022年度から高校の家庭科の授業に資産形成指導の一環として新たに投資信託の授業が導入される見込みです。

高校家庭科で「投資信託」 22年4月から授業


若い頃に知っておきたかったと思うことはきっといくらでもあるはずですが、お金に関することもそのひとつではないでしょうか。

社会に出てから最も関わる機会が多いのは間違いなくお金に関することのはずです。

それにもかかわらず、日本の学校ではお金に関することを教わる機会はほとんどありません。


私はこれまで株式投資を10年近く行ってきましたが、その経験を通じて学んだのは世の中はお金を持っている人たち中心に回っているということです。

富める者はますます豊かになり、その一方ではいくら働いても豊かになれずにいる人たちもいます。

そんな金融格差が日本においても広がりつつあります。


少し残酷な話でしょうが、そういった現実を教えることも大切でしょう。

お金のことを学ばない

日本の就学率はほぼ100%です。

日本人のほぼ全員が学校に通い、そこで多くのことを学びます。


しかしながら、この学校教育において、おそらく社会に出てから最も関わることになるお金のことはほとんど教わりません

お金は我々の生活にとって決して欠かすことのできない大事なものです。

世の中のすべての人々が、お金を稼いでお金を使うという生活をしています。

ところが、日本の学校では、お金にまつわる話やお金を稼ぐためにはどうすればよいのかというある意味永遠のテーマとも呼べるべきものを積極的に教えようとしてこなかったのです。

お金を稼ぐことは汚いこと

このように、日本の学校教育においてお金に関する教育が積極的に行われてこなかったのには様々な理由があるでしょう。

これには、日本人のお金に対する潔癖さも影響しているかもしれません。


日本はお金を稼ぐことをどこか汚いことのように捉える文化や価値観があります

そして、いつしかお金もうけの話をすることやお金に関する話をすることまでもがまるで汚いことであるかのように思われるようになってしまいました。

それもあり、また島国特有の「出る杭は打たれる」文化も相まって、日本はお金持ちに対して厳しい国です。

日本では諸外国に比べてお金持ちが尊敬されにくく、そればかりか悪人のレッテルを貼られることも少なくありません。

まして、日本は長時間労働や残業を美徳としてきた国でもあります。

株式投資や不動産投資などの労働以外の方法でお金を稼ぐ者に対しては、より厳しい目線が向けられることは避けられません。


大衆に植え付けられたこの「お金は汚いモノ」という価値観は、日本でお金に関する教育が行われてこなかったことの弊害ともいえるでしょう。

ですから、こういったイメージを正すためにも、正しい金融教育を行うことは大切なことです。


ただ、私自身は、上で述べられているお金に対するイメージはあながち間違いでもないとも思っています。

ある意味、学校教育で教わるには残酷とも言えるくらい、世の中のお金に関わる仕組みというのは理不尽なものと言えるのです。

日本の学校でお金の教育は行うべきなのか?

私はこれまで株式投資に10年近く勤しんできました。

その経験を通じて学んだのは、世の中はお金を持っている人たち中心に回っているということです。

富める者はその富を利用してますます豊かになる、それが資本主義の本質です。


お金持ちにも色々な人がいることは確かですが、実際お金や不動産を転がすことで大金を得ている人たちは多いのです。

汗水たらして働くわけでなく、かといって何か新しいモノやサービスを生み出すわけでもない、ただ資金を多く持っている資産家や富裕層たちが労働者や経営者たちよりも裕福であり続ける構造が世の中には存在しています

投資に関する詐欺事件のニュースはしばしば流れてきますが、そんなニュースを見て多くの人々が「そんなうまい話があるわけない。そんな話に騙されるなんて馬鹿な人だ。」などといった感想を抱くと思います。

しかしながら、世の中にはそんな「うまい話」があるのもまた事実なのです。

(もっとも、我々庶民にはそんなうまい話は回ってきません。庶民に回ってくる「うまい話」にはほぼ間違いなく裏があると思って行動したほうがいいでしょう。)


投資に関しても、株の配当だけで暮らしていける人もいれば、そもそも生活をしていくだけで精一杯で投資に回すお金がない人たちもいるはずです。

富める者はますます豊かになり、その一方ではいくら働いても豊かになれずにいる人たちもいます。


学生時代に金融や投資の知識を得ることは、その後の資産形成に大きく役立つことでしょう。

ですが、それは同時に世の中の不平等さを知ることにつながります。

それが(私のように)その後の人格形成に悪影響を与えなければいいとは思うのですが。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました