定年を引き上げるならば年功序列制度は一刻も早く廃止しなければならない

この記事は約4分で読めます。

法律の改正により現在は本人さえ希望すれば65歳まで働き続けることが可能な世の中となっています。

また、2021年4月からは従業員に対する70歳までの就労機会確保が企業の努力義務として課されるようになっています。

将来的には、皆が70歳まで働くような時代となるのでしょうか。


こうした時代の流れを受けて、私の勤め先においても60歳以上の給与水準が引き上げられました。

高齢者が働きやすい環境整備が着々と行われています。


しかしながら、このような定年の延長や高齢者の給与の引き上げを行っていくのであれば、会社として考え直さなければならないことがあります。

それが年功序列と終身雇用の制度の見直しです。


定年を引き上げるならば年功序列は一刻も早く廃止しなければならない、私はそう感じています。

「使えない社員」に会社は雇用と高い給料を保証しなければならない

日本の会社の多くは年功序列の雇用制度を採用しており、社員の評価においては年齢や勤続年数が何よりも重視されます。

どれだけ優秀で将来有望な社員であったとしても、上司の給与を上回ることは極めてまれです。


一方で、その社員の価値は年齢に比例するわけでは決してありません

一般に、年齢を重ねていくと管理系の仕事を任されることが多くなっていきます。

この管理系の仕事は、自分自身が直接手を下すというよりは、周りの人たちに動いてもらう、そのために的確な判断と指示を与えるという仕事です。

そして、この業務を遂行していくためには、自分自身で作業を行うとき以上に深くその仕事を捉えていく必要があるのです。

【参考記事】


しかしながら、このような管理系の仕事は誰にでもできる仕事ではありません。

求められている責務を果たせない人も大勢いるでしょう。


その程度の仕事しかできないのであれば、素直に手を動かすだけの単純労働に従事してくれていたほうがまだ会社にとっては有益かもしれません。

しかしながら、そのような労働をしてもらうのであれば、体力もありかつ給料も安い若者を雇うほうが会社にとって都合がいいはずです。


プライドだけ高くて体力もスキルも伴わない、しかもその体力やスキルは衰退していく一方、そんな「使えない社員」であっても会社はそれなりの立場と給料を保証しなければならないのです。

定年制度は「使えない社員」を体よく追い出す手段

年功序列と終身雇用の制度の存在により、たとえその社員がどれだけ使えない社員であったとしても、会社は簡単に解雇するわけにもいきませんし、給料を極端に下げるというわけにもいきません。

定年制度はいわばそんな「使えない社員」を体よく追い出すための最後の手段であるわけです。

偉大な大先輩ではあるけれども、残念ながら定年に達したのだから退職していただくしかない。

定年を口実にして、会社はようやく使えない社員を会社から追い出すことができるわけです。


しかしながら、世の中の流れはこの定年となる年齢の引き伸ばしに向かっています。

定年を引き上げるということは、「使えない社員」が会社に居座る期間を引き伸ばすということです。

これまで定年を口実にして会社を去ってもらっていた人たちに対して、会社はさらに面倒を見なければならなくなるのです。

定年を引き上げるならば年功序列制度は一刻も早く廃止しなければならない

ピークを過ぎた高齢の社員に不相応な身分と高い給料を保証しなければならないのが年功序列制度の弊害です。

その弊害は今後の定年の引き上げによって一層増すことになります。


そのあおりを受けるのは中堅社員の人たちです。

定年の引き上げに伴い、若い人の雇用機会が失われることになるかもしれません。

本来、自分たちよりも若い世代と切磋琢磨するはずであったのが、向上心もなく能力の限界点に達した人たちと一緒に仕事することになるわけです。

かつての自分の上司であった人に強く物言いすることもできないでしょう。

このような環境にいる限り、中堅社員が伸び悩むことは必至なわけです。


定年を引き上げるならば年功序列制度は一刻も早く廃止しなければなりません。

逆に、この定年の延長に伴い、年功序列や終身雇用を守ることは今後難しくなっていくはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました