職場の人間関係に疲れきった人々

この記事は約2分で読めます。

現代は多様性を尊重する時代です。

企業においても、このような多様性や多様な価値観に重きを置く考えが広まりつつあります。

しかしながら、異なる価値観を持つ人間同士が、お互いの価値観を認め合うことはできたとしても、お互いの価値観を共有することは難しいはずです。


職場は価値観が異なる人間同士が共生していかなければならない場所です。

そして、このことが多くの人々を苦しめている所以ではないでしょうか。

職場における最大のストレス要因は人間関係だと言われています。

自分とは異なる価値観を持つ人間や相性が合わない人間との関わり合いを余儀なくされ、多くの人が悩み苦しんでいるのです。


自分とは価値観の異なる人間と関わることには気苦労が絶えません。

自分が良かれと思ってやったことが、相手を困らせてしまうこともあります。

相手のためを思ってやったことや言ったことが裏目に出てしまい、かえって相手を傷つけたり、相手の機嫌を損ねてしまうこともあるのです。

自分にとっても相手にとっても、これほどつらいことはありません。

特に日本人は自分の感情をあまり表に出さないということもあり、こうしたすれ違いが起きやすいのです。

お互いの価値観を共感し合えるのであれば、それに越したことはないのです。


多くの人たちが会社や職場の人間関係に悩んでいるという実情がある一方で、会社はあくまで人間関係を重視し、コミュニケーションを押し付けようとしてきます。

会社は人間関係に苦しんでいる個人の感情をないがしろにしているようにも思えます。


会社の上に立つ人たちというのは、そのような難しい「職場の人間関係」をうまくこなしてきた人たちばかりだからなのかもしれません。

また、そもそもそのような人たちは人間関係に鈍感で、だからこそ人間関係に悩むこともないのかもしれません。


ですが、いずれにしても、そのような自分の価値観だけにとらわれず、このような職場の人間関係に悩み疲れ果てている人たちのことも考えて職場におけるコミュニケーションのあり方を考えてほしいと思います。

多様性を尊重する時代だからこそ、そんな時代なりの人間関係の築き方もあるはずだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました