ブログを書くことのジレンマ

この記事は約3分で読めます。

最初に断っておきますが、別にこのブログのアクセス数が増えているという話ではありません。

アクセス数は依然として低迷を続けています。


とは言え、ごくまれに一部の記事にアクセスが集中することがあり、そんなときに私は嬉しさよりも怖さのほうが勝ってしまいます

ブログを書くことのジレンマに悩んでいます。

批判的な記事を書いてしまう理由

このブログの記事の大半は、どちらかと言えば批判的な内容です。

会社に対する不満、上司に対する不満、そういった内容の記事が大半を占めています。


本来、あまりそういった内容ばかり書くのは褒められたことではないのでしょうが、それでも書いてしまうのは、やはり単純にそれが書きやすいネタであるというのが最大の理由です。

ほぼ毎日ブログを更新し続けるためにはそれなりにモチベーションも必要です。

実質1円の利益にもならないこのブログを書き続ける唯一の理由はストレスの発散のためです。

日々の不満をブログネタに昇華させているのです。

批判的な記事はアクセスを集めやすい?

ですが、見る側もそれは同じなのでしょうか。

案外、そんな批判的な内容の記事がアクセスを集めることがごくまれにあります。


最近ですと、間接部門をテーマにした記事が(あくまで当ブログ比で)比較的アクセスを集めています。

これらの記事もタイトルからして間接部門に対して批判的なものとなっていますが、これらの記事にアクセスしてくる人は間接部門に所属している人と間接部門に不満を抱いている人、果たしてどちらなのでしょう?

【関連記事】


仮に間接部門に所属している人が見ているとしたら、おそらく怖いモノみたさもあるのでしょうか。

自分の立場を批判するようなタイトルを目にしたら、一体どんなことが書かれているのだろうかと恐る恐る見てしまうというのは実際あると思います。

ブログを書くことのジレンマ

正直なところ、ブログのアクセス数が増えることに対しては、嬉しさ半分、怖さ半分といったところでしょうか。


もちろん、読んでくれる人がいることは素直に喜ぶべきことだと思います。

ですが、あくまで個人の感想に過ぎない、それでいてさもそれが一般論かのように書いている、そんな内容の記事が読者から反感を買わないかと不安になってしまいもします。

(実際、そうした不安から、アクセス数が増加してきた記事に関してはリライトして若干表現をソフトにしたりしてもいます。)


「個人的な感想で頓珍漢なこと書いてるんじゃねえよ!!」

そんな批判が殺到して炎上してしまうことも、今の100倍くらいのアクセスを集めるようになったとしたら起こりうるかもしれません。


つまり、一生起こりえないことではあるのですが、こうしたブログを書くことのジレンマに悩みも若干あります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました