早期リタイアは会社のためでもある【FIRE】

この記事は約3分で読めます。

皆さんは「FIRE」という言葉をご存知でしょうか。

FIREとは英語のFinancial Independence, Retire Earlyの頭文字をとった言葉で、経済的自立、早期リタイアを意味する言葉です。

現在、この言葉が海外の若者を中心にムーブメントとなっており、日本においても話題になりつつあります。


私もこのFIREを目指している人間の一人です。

職場に馴染めず、つらい思いばかりの職場生活から一刻も早く抜け出したい。

早期リタイアすることは私の唯一の望みです。


このように、早期リタイアを目指すことはあくまで自分自身のために過ぎませんが、私はこうも思うのです。

早期リタイアは自分のためならず会社のためにもなると。

早期リタイアは会社のためでもある

早期リタイアすることは自分のためならず会社のためにもなる、そう私は思っています。


正直な話、会社としても、若くもなくたいしてやる気があるわけでもない中高年の社員に会社にいつまでも残ってほしいとは思っていないでしょう。

そのような社員に高い給料を払い続けるくらいならば、体力も柔軟性もある将来有望な若い社員を雇ったほうがいいに決まっています。


会社によっては、たとえ退職金を上乗せしてでもそのような中高年の社員に辞めてもらおうと早期退職を呼び掛けているわけです。

ですから、自ら会社を去ることはむしろ会社のためでもあると言えるのです。

早期リタイアは部下のためでもある

日本の会社には年功序列の慣習が今もなお根強く残っています。

年功序列の考えが色濃く残る日本の会社では、お世辞にも優秀とは言えない社員が、ある程度のキャリアさえ積めばそれなりのポストに就くことができてしまいます。

マネージャーとしての適正がない人間が、管理職のポストに就いて部下を持って働くことになるのです。


これは部下からすれば実に不幸なことだと言えます。

能力の低い上司のもとで働くことは部下にとって一文にもならないからです。


中高年の社員が、自分の生活のためと割り切って会社に居座り続けることはまだ良しとしましょう。

ですが、それによって若い社員や部下を犠牲にするかもしれないのです。

私も、(このまま会社にい続ければ)将来もしかしたら部下を持つことになるかもしれません。

ですが、私のような人間を上司に持ったばかりに、私の部下が苦しむことになるかもしれません。

私は、それだけは避けたいのです。


ですから、早期リタイアすることは部下に被害を負わせない、つまり結果的に部下のためになるとも言えるのです。

早期リタイアは自分のためである

年齢を重ねていくと、会社で求められる立場は、実務者からリーダー、管理者へと移っていくわけですが、これはある意味年功序列制度の弊害とも言えなくもありません。

分不相応な仕事を求められることは、ほかの誰よりも本人が一番つらいはずです。


社会人には様々な能力が要求されます。

それらは、仕事だけでなくプライベートも含めた長年の人生経験を通じて培われていくものです。

同年代だからといって、ひとくくりに評価できるものでは決してありません。

しかしながら、会社は、多少の程度の差はあれどあくまで年齢(勤続年数)に応じて従業員を評価しようとするわけです。

ですから、本人の能力やキャパシティに対して分不相応な立場や仕事が与えられ、それに耐えきれずに押し潰されてしまう人も出てきてしまうのです。


私も、自分自身の人間性の低さは自覚しています。

今後、それが大きく変わることはないでしょう。

ですから、このまま会社で働き続けたところで、自分がつぶれるか、もしくは部下をつぶすかのどちらかの結果に至ることは目に見えています。


早期リタイアすることは、(それを実行できるだけの条件が整えられるならば)自分のためにも会社のためにもなるものであると私は考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました