会社を辞められない人間は舐められる?

この記事は約3分で読めます。

会社を辞めたい…

サラリーマンであれば誰もが一度くらいは考えたことがあるでしょう。

ですが、それを実行に移せる人はそう多くはないはずです。

会社に不満は抱きつつも、大多数の人はそのまま現在の会社で働き続けることになります。


しかしながら、このように会社に不満を抱きながらも実際に何か行動に移すわけでもない限り、会社から足元を見られていいように扱われてしまうのも仕方のないことかもしれません。

このように考えてしまう私は、ブラック企業の考えに侵されているのでしょうか。

上司と部下は対等な関係にはない

会社には上下関係が存在し、圧倒的に上司のほうが有利に事を進められる構造になっています。

上司は部下に対して言いたいことを言える立場である反面、部下が上司に対して何か物言いをするというのは簡単なことではありません

上司と部下は対等な関係にはないのです。


先日、こんなことがありました。

私はあまり上司と折り合いがついておらず、時々口論にまで発展してしまうことがあります。

そんなとき、私が上司とうまくいっていない理由として「上司の相性の問題」と述べたところ、上司からは「相性の問題じゃない、お前の問題だ」と返されたのです。


これを聞いて、私は上司を羨ましく思いました。

というのも、実はこれでも私的にはかなりオブラートに包んで表現したつもりだったのです。

私だって、上司に対する不満を述べたいです。

ですが、さすがにそれをはっきりと口に出すわけにはいかないから、仕方なく「相性の問題」と言ってはぐらかしたのです。


そんな私に対して、上司は「いや、お前の問題だ」と言って堂々と相手を非難できるわけですから、やはり上司は部下よりも圧倒的な発言力を持つのだなとつくづく感じさせられました。

ブラック企業は従業員を舐めている

このような上下関係を含め、会社は合理的とは程遠く、理不尽なことが数多くまかり通る場所です。

そのような理不尽な環境に身を置きながらも、そこから逃れる手段を一切持っていないのであれば、会社から足元を見られてしまうのも仕方がないとも思えてしまいます。

言ってしまえば、会社から舐められてしまうのです。


ブラック企業とはよく言いますが、私の中でのブラック企業の定義は従業員を大切にしない企業です。

では、なぜそんなブラック企業が従業員を大切にしないかといえば、それはブラック企業が従業員を舐めているからだと思っています。

ブラック企業は自社の従業員のことを舐めていて、簡単には会社を辞めないと思っているか、もしくは他に代わりはいくらでもいると思っている、だからこそ好条件を出さずに劣悪な環境下で働かせ続けているのです。

会社を辞められない人間は舐められる

望まない環境に身を置きながらも、その環境から抜け出す(会社を辞める)選択肢をもたない。

それは、自らの首を絞めることにもなりかねません。


何も実際に今すぐ会社を辞めろという話ではありません。

ですが、会社を辞めるという選択肢があるのとないのでは、気の持ちようがまるで違います。

仕事で追いつめられた時に心を病んでしまう人の中には、少なからずそうした選択肢の無さが原因となっているケースもあるのではないでしょうか。

すなわち、これ以上会社の要求に従うことはできない、けれども今の会社を辞めることもできない、そんな八方ふさがりの状況に陥っているのです。


会社を辞められない人間は舐められると私は考えてしまいます。

「会社を辞める」という選択肢は、自分の人生においてひとつ大きな安心材料となります。

あまりそれを過剰にアピールし過ぎるするのもどうかと思いますが、そういった選択肢を心の拠り所として持つことは非常に大事なことだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました