さよならF先輩…

この記事は約2分で読めます。

悲しいお知らせがありました。

私が以前所属していた部署の先輩が会社を退職することになったそうです。

私は、以前の職場で(でも)人間関係で大きくつまづき、ほとんどの上司や同僚社員からは見放されていたのですが、そんな中にあってその先輩社員は私が気軽に話せる数少ない一人でした。


当時はプロジェクトを一緒に担当していたこともあり、大変お世話になりました。

それが事実上その部署で私が担当した最後のプロジェクトでもあったので、当時のことは非常によく覚えています。

私だって、気が合う人たちと一緒に働くのは全然好きなんですよ。

問題は、気が合わない人たちとどう関わっていくかであって…


また、さらに昔の話になりますが、私がとち狂って企画してしまった某家電量販店での部署内の若手社員限定の飲み会(しかも休日開催)に参加してもらったこともあります。

きっと本心では凄く嫌だったと思いますが、私に気を遣ってくれたのでしょうね。

今では考えられないことですが、一応当時呼びかけたメンバー全員が集まってくれました。

そういえば、あのとき集まってくれた部署内の若手メンバーも今や半分近くがその部署からいなくなってしまいました。

会社を去ってしまった人もいますし、私のように頭がおかしくなって追放された人もいます。


その先輩社員の退職に関しては、同僚の人たちも大変悲しんでいましたね。

折角育ててきたのにと、すごく惜しんでいました。

その傍ら、会社の何の役にも立っていない、むしろ会社の風紀を乱す私のような社員が会社に平然と居座り続けているのですから、大変申し訳なく思います。


私もその先輩社員も、今までいろいろありましたし、これからもいろいろとあるかと思いますが、新天地でもどうかお元気でご活躍なさってくれることを心から願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました