そろそろブログの質にこだわる時期かも

この記事は約2分で読めます。

私は、このブログを質より量という方針でひたすら記事を量産してきました。

私が質より量にこだわったきた理由は、大きく分けて2つあります。

ひとつが記事の質の良し悪しを判断することが難しいこと、そしてもうひとつが質を高めていくためには量をこなしていくのが近道である、そう考えているからです。


しかしながら、記事の質に関して言えば、これはもう結果論で語るほかないでしょう。

すなわち、多くのアクセスを集められる記事こそが「良い記事」と言えるのです。


このブログに投稿されている記事の中で、集客効果があると言えるレベルのものは残念ながらひとつもありません。

ただ、そんな低レベルのブログの中にあって、ごく僅かながら定期的にアクセスを集める記事もあります。

当ブログ比で考えれば、それらは良い記事と言えるのかもしれません。


とは言え、そんな記事は現状では本当に数えるほどです。

また、良くも悪くも、この記事はアクセスを集めやすいだろうなというのは投稿前からある程度感触としてわかるものです。

自分では手応えがあっても見向きもされなかった記事はいくつもありますが、ネタがない中で半ば強引に書いた記事が注目を浴びるということはまずありません。

むしろ、折角このブログにたどり着いてくれたユーザーが、そのような質の悪い記事を見て去ってしまうリスクのほうが高いかもしれません。

あまりむやみやたらに質が伴わない記事をアップし続けるのも考えものでしょう。


ブログのネタも枯渇してきています。

ただ、そのこと自体は必ずしも悪いことではありません。

というのも、このブログの記事の大半は会社に対する不満や愚痴に関するものです。

ネタが尽きてきているということは、そういった不満も減ってきているということでもあるからです。

(実際は不満を書き尽くしただけで、不満を持っていることには変わりないのですが。。)


今後は投稿頻度が若干減ってしまうかもしれませんが、引き続き更新を続けていきますので、これからも応援よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました