会社から事実上の戦力外通告を受けました

この記事は約2分で読めます。

タイトルの通りです。

勤務先の会社から事実上の戦力外通告を受けました。

これまで必死に部署異動を直訴してきましたが、それが受け入れられることはありませんでした。

どこの部署でも問題を起こすトラブルメーカーを引き受けてくれるところなどないということでしょう。


すでに心ここにあらずの状態です。

名刺は何ヶ月も前から切らしています。

どうせ今の部署にいるのもあとわずかだろうと思い、その状態のまま放置していました。


社内の人間関係構築についてもなおざりにしてきました。

相手の顔色を伺うようなことなどは最近では全くしません。

相手が部長だろうが本部長だろうが、そんなことはお構いなしです。

もう円満退職するということもないでしょうからね。

周りからどう思われたところで、大して失うものもないのです。


会社は自社の社員を都合よく扱うことができます。

会社からすれば「たかが一社員」に過ぎません。

ただ、それは社員も同じだと思います。

社員も社員で自由に会社を辞めたりすることができます。

勤務先の会社など、世の中に無数にある会社の中のひとつに過ぎません。


この先どのような選択肢があるのかをじっくり考えてみるのもいいのかもしれません。

それができなければ一生会社の奴隷でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました