新しいことに挑戦したいなら社内転職

この記事は約3分で読めます。

会社から事実上の戦力外通告を受けて早1ヶ月が経とうとしています。

実際問題として、今の職場で働き続けるのがどうしても嫌だということであれば、会社を退職して別の会社に転職するというのもひとつの選択肢かもしれません。


ただし、それはその理由にもよるでしょう。

もしも現状の不満が人間関係というよりもどちらかというと仕事そのものにあり、特に、今の仕事とは全く異なる仕事に挑戦したいということであれば転職は必ずしもベストな選択とは言えないと思います。

私は、新しいことに挑戦したいのであれば社内転職を目指すべきだと考えています。

その理由についてお話しさせていただきます。

企業が30代に求めているのは即戦力の人材

仮に今の会社を辞めたとして、これが20代の転職であれば未経験職種へのキャリアチェンジも十分に可能でしょう。

やる気や意気込みさえありさえすれば受け入れてくれるという企業も決して少なくないはずです。

しかしながら、これが30代ともなるとそうもいきません。

企業が30代の転職者に求めているのは即戦力としての人材です。

ですから、30代の転職においてはこれまで培ってきた経験や知見が何よりも重要視されるようになります。


それゆえに、転職先においてもこれまでの職歴を活かせる仕事、つまりはこれまでと同じような職種や業種の仕事に就くことになりがちです。

30代の会社員が新たな会社で未経験の職種に一からチャレンジするというのは、現実的にはかなり難しいことだと考えています。

部署異動のメリットとデメリット

一方で、もしも新しい仕事に挑戦したいということであれば、同じ会社の中で今の職場とは異なるところで働いてみるという方法も考えられます。

日本企業の多くはメンバーシップ型雇用、いわゆる総合職採用を基本としています。

これは仕事内容や勤務地などを限定することなく会社のすべての業務に携わる可能性のある人材として人を雇用する、いわば「人に仕事をつける」雇用形態と言えます。


これは社員からすれば厄介な雇用形態であるとも言えます。

会社から問答無用で異動を命じられる、また、ときには国内外への転勤や赴任を突き付けられるといった可能性もあるからです。

ですが、この雇用形態には少なからずメリットもあります。

仮に今の職場の仕事がうまくいっていなかったとしても、ほかの職場でならうまくやっていける可能性も大いにあります。

そのような場合に部署を変えることで心機一転リフレッシュするということもできるのです。

部署を変えることによって新たなチャンスが生まれるわけです。

会社に残ることを第一に考えるならば、そのようなチャンスは多いに越したことはありません。

新しいことに挑戦したいなら社内転職

また、新しい仕事にチャレンジしたいということであれば、部署異動はある意味では最善な選択と言えるかもしれません。

前述の通り、新しい会社で新たな仕事に一から挑戦するというのは非常に大変なことだと思います。

そもそも採用にこぎつけるまでが一苦労でしょうし、仮に入社できたとしてもそれなりには期待は持たれて仕事を任されることになるはずです。

そのような中で、これまでとは勝手が違う仕事を進めていかなければならないわけですから、なかなか気苦労は絶えないでしょう。



一方、部署異動という形であれば、同じ会社ということである程度仕事の勝手もわかっている中で新しい仕事にチャレンジすることができます。

転勤を伴わない異動であれば、顔馴染みの同僚たちが周りにいるという安心感もあります。

転職よりもはるかにハードルが低い環境下で新しい仕事にチャレンジすることができるようになるはずです。


ですから、新しい仕事に挑戦したいのであれば、会社を変えて転職するのではなく今の会社の中で職場を変えること(社内転職)を目指すほうが現実的かつ最善の判断だと言えるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました