上司を嫌いになると会社のことも同僚のことも嫌いになる

この記事は約4分で読めます。

職場の人間関係で悩む人は多いというのに、会社は人間関係の問題を軽視しているように思えてなりません。

もちろん、実際にはそんなことはないのでしょうが、結局その対応が十分でないから人間関係が原因で心を病んだり会社を去る人が数多く生まれてしまうのでしょう。


人間関係の悩みの中でも、おそらく最も多いのが上司に対する不満ではないかと思います。

仕事で関わることの多い上司に対しては、やはり何かと不満を持つ機会も多くなりがちです。

これはある程度は避けられないことでしょう。


ですが、だからと言って上司に対する部下の不満をいつまでも放置するべきではありません。

上司に対する不満は、いずれ会社や同僚たちへの不満にもつながっていくものだからです。

上司は嫌われやすい存在

上司というのは何かと嫌われやすい存在でもあります。

上司の仕事は基本的には部下に仕事を任せることになります。

人を動かすというのが主な仕事になってくるわけですから、相手との信頼関係を築くことが必要不可欠です。

まともな信頼関係も築かないまま一方的に要求を突きつけたところで、相手がそれを快く思うはずもありません。

かといって、部下からすれば面と向かって上司に不満を言うわけにもいきませんから、不満は溜まる一方でしょう。

そういったことが積もりに積もって上司のことが嫌いになっていくのだと思います。


ここで、会社はそのような社員の上司に対する不満をいつまでも放置しておくべきではないと忠告させていただきます。

上司に対する不満はやがて会社や同僚たちにも向けられてしまうからです。

上司を嫌いになると会社のことが嫌いになる

始めのうちはその上司に対する不満が募るだけかもしれません。

ですが、いつしかその不満は会社にも向けられるようになります。


そもそも、(理由は様々にせよ)あなたが嫌いな上司を今の役職や立場に置いているのは会社の判断なわけです。

日本の会社の多くはトップダウンで物事が決まっていくピラミッド型の組織です。

このような組織においては、上から下に命令や指示が伝っていくのが基本です。

ですから、上側の人間、つまりは上司の権限も責任も非常に大きいわけです。


ですが、会社はそんな責任重大な立場の人間の人事を軽く見ている節があります。

もうそれなりの年齢だから昇進させてやろう、そのくらいの感覚で人事を考えているように思えてなりません。

会社はそれでもいいのかもしれません。

ですが、それで困るのは力量不足の上司の下についた部下です。


そのように考えると、すべての諸悪の根源は会社の人事とも言えるわけです。

ですから、上司に対する不満は次第に会社に対する不満として募っていくことになるのです。

上司を嫌いになると同僚のことも嫌いになる

上司に対する不満が向かうのは会社だけではありません。

それは、いつしか一緒に働く同僚たちにも向けられるようになります。


職場の同僚たちは、ときにはあなたの心の支えになってくれるかもしれません。

ですが、ときにはあなたの感情を逆撫ですることもあるかもしれません。

というのも、世の中の大多数の人は平穏な会社生活を送りたいと考えているはずです。

厄介な揉め事やトラブルなどに巻き込まれたくないわけです。

ですから、よほどのことがない限り、そのような揉め事につながりかねない態度や行動を取ったりすることはありません。

特に、目上の人が相手であれば、おべっかを使ったり忖度したりするのが無難な対応と言えるわけです。


でも、もしも自分が嫌っている上司に対しておべっか全開の同僚がいたとしたら、あなたは果たしてその同僚のことをどのように思うでしょうか。

周りの同僚たちが自分が嫌っている上司のご機嫌をとってへらへらしている、そんな光景を快く思ったりはしないでしょう。

お前たちがその上司のことを突き上がらせている、つまり今の自分の悩みの種を作っているのはお前たちだ、最悪、そのような感覚に陥ってしまうかもしれません。


上司を嫌いになってしまうと、会社のことも同僚のことも嫌いになっていき、会社のありとあらゆるものやことに敵意を向けてしまうようになります。

ですから、このような人間関係の問題をたかが上司と部下の仲違いなどと軽く捉えるべきでは絶対にないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました