同僚への怒りが私の仕事のモチベーションにつながっています

この記事は約3分で読めます。

皆さんにとって仕事を頑張る理由は何ですか?

生活のためでしょうか?

家族を養うためでしょうか?

将来出世するためでしょうか?


私にとって仕事を頑張る理由はただひとつです。

軽蔑する同僚を叩きのめしたい、ただその一心だけで私は仕事をしています。

お互いに憎しみあっている

相変わらず仕事はうまくいっていません。

特に人間関係は壊滅的です。


今私が頭を悩ませているのが同僚のベテラン社員との関係です。

私とこの同僚、お互いに憎しみあっています。

つけあがらせている同僚たちにも不満がある

原因は、私がそのベテラン社員に対して敬意を示さないことだと思います。

それだけ聞くと、私がすごくタチの悪い人間のように聞こえるかもしれません。


でも、どうか理解してください。

本当にヤバい人なのです。

癇癪持ちで、一度ご機嫌を損ねたら大荒れでもう誰にも止められません。

だから、周りの同僚たちは面倒なことに絡まれないようにその人を持ち上げているのだと思っています。


正直に言うと、そうした同僚たちの態度にも強い不満を持っています。

そうしてあの人をつけあがらせてきた結果、一部の人間にそのしわ寄せがきているわけですから。


私が会社のうわべだけのコミュニケーションを毛嫌いするようになったのもそのことが大きいと思います。

言いたい放題言われてきた

同僚たちに不満をもっていることは事実ですが、その事情も理解はできます。

自分に甘く他人に厳しい人ですから、言葉を間違えればもう大変です。


私も、過去に会議の場でやらかした経験があります。

そのときには下のような怒号を浴びせられました。


「ふざけんじゃねえよ!!」

「何もやんねえくせに偉そうなこと言うんじゃねえよ!!」

「てめえがやってみろよ!!」

「10年早えんだよ!!」


こうなってしまったらお終いです。

言い返しても無駄です。

火に油を注ぐだけです。

議論にならない

私にも言い分があります。

何にもやらないくせにって、それはあなたのことでしょう。

自分ができることしかやらない、それしかやってないわけだからその分野にだけはある程度精通してくるのは当然のことでしょう。

ただ、それしかやってないからほかのことは全くできない。

それなのに自分がやってきた自分にとって都合のいい分野のことだけで周りと自分を比べようとする。

世界史しか勉強してこなかった人が、5教科7科目勉強してきた人に世界史だけの知識でマウントを取ろうとする、そんな感じです。


その傲慢さが許せず、つい突っこんでしまうのです。

会社はちょろい

そんな人でも定年まで会社に居座ることができました。

無事逃げ切りに成功です。


会社はこの程度の人間でも雇い続けてくれるんですね。

やっぱり会社ってちょろいんだなと思ってしまいます。

怒りを行動に変える

ここまではただの愚痴です。

これだけだとただの口だけ野郎になってしまいます。

ですから、行動で証明しなければなりません。


すなわち、私がやるべきことはその人がやってきた仕事を簡単にこなすことです。

はっきり言いますが、その人がしてきた仕事なんてやればできますから。

その人が聖域化してきた仕事なんて、全くたいしたことじゃないということを明らかにします。


皮肉にも、その人の存在が私の仕事のモチベーションになっているわけですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました