会社ってちょろいなと思ってます【パレートの法則】

この記事は約3分で読めます。

ヤフーニュースのコメント欄などを見ると、世の中にはブラック企業があふれているようです。

残業代が出ない、ボーナスが出ない、有給が取れない、パワハラが横行している、何かニュースが出るたびにコメント欄にはこのようなコメントが書き込まれ、それに賛同するコメントが多数寄せられています。


一方で、私が働いている会社は完全なホワイト企業です

中には自社のことをブラック企業だとか言っている人たちもいますが、世間一般の基準から見ればどう考えてもホワイト企業です。

残業代も出ます。ボーナスも出ます。有給も取れます。


そして、何より私が自分の会社をホワイト企業だと思う一番の所以は、私の会社ではどんなにポンコツ社員でも会社に居座ることができることです。


そんな会社に居座るポンコツ社員たちを見ているとつくづく思います。

会社ってちょろいんだなと。

会社ってちょろいなと思ってます

私は今の会社で2つの部署を経験しています。

今所属しているのはその2つ目の部署になりますが、この部署に来て驚愕したことがあります。


今いる部署には最初にいた部署では考えられないようなレベルの社員がいます

仕事ができる、できない以前の問題です。

別にたいしたスキルがあるわけでもないのに、自信だけは人一倍あります。

ですから、常に自分基準で物事を考えます。

傍から見ればどう考えてもその当人よりも能力の高い相手に対しても平気で文句を言ってきます。

しかも、そのことに対して平然と周りに同調を求めます。

自分に甘く、他人に厳しいを地で行くような人です。

ここまで自分を客観視できない人間が世の中にはいるのだなと驚かされました。


同じ部署にこのような人間が平然と居座っていられるのを見ると、こうは思わずにはいられません。

会社ってちょろいなと。

比較対象がこれなら自分の身は当分安泰だと。

パレートの法則

私は、会社全体の2割の社員が会社の8割の成果を生み出していると言っても差し支えないと考えていて、これはいわゆるパレートの法則に基づいています。(20:80の法則とも呼ばれます。)

全体の数値の大部分は全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論で、以下のような使われ方をします。

パレートの法則の例

  • 売上の8割は全顧客の2割が生み出している
  • 仕事の成果の8割は費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している


実際、これは誇張でもなんでもなく、例えば世界全体で生み出された富の80%を上位1%の富裕層が独占しているという試算もあるくらいです。

世界の富の82%、1%の富裕層に集中 国際NGO試算


このパレートの法則は会社の社員にも適用できて、要するに会社を支えているのは一部の社員であって、残る社員は大して会社に貢献なんてしていないのです。

もちろん、私も後者の人間で、会社には何の貢献もしていません。

それでも、会社を支えてくれている人たちの頑張りのおかげで平然と会社に居座ることができているのです。

無能な人間ほど得をする仕組み

会社というのは無能な人間ほど得をする仕組みになっています。

私もそれで得をしていますし、同じ部署の大先輩も(本人はそう思っていないでしょうが)得をしています。


ただ、会社のために一生懸命に働いている人たちも間近で見ている自分としては、やっぱり日本の終身雇用制度や年功序列というのは本当にひどい制度だなと思います。

何の成果もあげていない社員でも会社に居座り続けることができて、なおかつ給料も年齢に応じて上がっていくわけですからね。

いずれこうした制度は変わっていくんでしょうけど、たぶん今50過ぎの社員の人たちは余裕で逃げ切れちゃうと思います。


ですから、そんな人たちと一緒に働かされてもやる気なんて出るわけがありません。

そもそも、出す必要もありません。

その仕事でいいならやる気なんかなくても余裕でこなせますから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました