同僚にコインチェックを勧めたら同僚だけ地獄行きにした話【仮想通貨】

この記事は約5分で読めます。

実は私、株式投資以外にも仮想通貨にも手を出しています。

といっても仮想通貨に参入したのは完全に後発で、空前の仮想通貨バブルがあった2017年の年末になってようやくビットコインを購入しました。


ちなみに、仮想通貨にはその年の夏頃から目をつけていて、周りにも仮想通貨の話をしていました。

その流れで、会社の同僚が仮想通貨の取引所の口座を開設しようかという話になって、そのときに取引所の候補として挙がったのがあのコインチェックでした。


同僚からコインチェックについてどう思うかと聞かれて私はこう答えました。

「あの出川哲朗が勧めています。信用できます。」


それから約1か月後、あの事件が起きます。

仮想通貨バブルに沸いた2017年

2017年は仮想通貨バブルに沸いた年でした。

ビットコインリップルNEMといった多くの仮想通貨がわずか1年の間に10倍はおろか20倍、100倍、300倍にも暴騰しました。


私もそうした状況を把握はしており、夏ごろには仮想通貨の取引所の口座を開設していましたが、ボラティリティ(値幅)の激しさからなかなか手を出せずにいました。

年末に仮想通貨バブルはピークに!?

2017年の年末には、この年のフィナーレといわんばかりに多くの仮想通貨の価格がまた一段と上昇しました。

リップル(XRP)などは12月の僅か1か月間だけで10倍以上に暴騰したほどです。


もう、到底手をこまねいて見ていられるレベルではありませんでした。

これからは仮想通貨の時代だと言わんばかりの活況でした。


私も、自身が保有するビットフライヤーの口座に入金し、即ビットコインを購入しました。

コインチェックってどうですか?

仮想通貨については会社の同僚とも話をしていて、中にはすでに仮想通貨を保有していて大儲けしている同僚もいました。

そうした流れで、ある同僚が仮想通貨の取引所の口座を開設しようかという話になって、そのときに候補に挙がった取引所がコインチェックでした。


上で挙げたように、当時の仮想通貨の主役に位置していたのはリップル(XRP)で、コインチェックはそのリップルが取引できる国内取引所の代表格であり、当時もっとも人気のある取引所のひとつでした。

2017年12月開始のCMには人気タレントの出川哲郎を起用するなど、その勢いは間違いなく本物でした。


コインチェックの口座開設を検討する同僚からコインチェックについてどう思うかと聞かれて、私は冗談半分にこう答えました。

「あの出川哲朗が勧めています。信用できます。」


その言葉か決め手になったかどうかは定かではありませんが、同僚はコインチェックの口座を開設し仮想通貨の取引を開始しました。

2017年の年末の話です。

2018年の年初にあの大事件が起きる

2018年になってから約1か月間、仮想通貨の価格は昨年のバブルの反動もあって比較的軟調に推移していたと思います。

そんな中、1月の末ごろに大きなニュースが飛び込んできます。

2018年1月26日、コインチェックから日本円にして580億円のNEMが不正に流出したのです。

コインチェックに預けた資金は帰ってこない?

確か金曜日のことだったと思います。

保有するビットコイン価格が大きく下落しているのを知って、その原因をネットで調べてみたところ、何やら慌ただしく、おびただしい数のコメントが目に飛び込んできました。


「どうやらコインチェックが保有するNEMが流出し、NEM財団側もそれを認めたようだ。」

「流出額を補償できるわけがない。コインチェックは倒産する。」

「(倒産するとなれば)コインチェックに預けた資金は戻って来ない。」


私は慌てました。

これはとんでもないことになったと。

何せ、同僚に自分は持っていない取引所の口座を安易に勧め、挙句の果てにこのような事態に巻き込んでしまったのですから。


特に、最大の懸念はコインチェックに預けた資金の行方でした。

実際、この時点でコインチェックの口座からの出金が一時的に停止されていて、パニックに陥っているユーザーも多くいました。

和田CEOと大塚COOの会見を食い入るように見た

この日の深夜にコインチェクによる会見が行われ、和田CEOと大塚COO(それと弁護士)により会見が行われました。

(会見の全文はこちらから見れます。)

コインチェック経営陣、しどろもどろの謝罪会見。社長が筆頭株主なのに「株主と相談します」(全文)
580億円相当の仮想通貨「NEM」が不正アクセスで流出した。

最大の注目は補償に関することでしたが、それについては会見の中では明言されませんでした

私もその会見を食い入るように見ていましたが、同時に自分の周りで起きたことを整理していました。

しばらく顔を合わすことができなかった

同僚が購入したNEMの金額、そして今後の行方が不透明なままの預金額がどれくらいなのか、最悪そのすべてが失われる可能性があることを考えると気が気じゃありませんでした。

その事件が起こるまではその同僚とはLINEで何度かやり取りをしていましたが、その日以降しばらく連絡が途絶えました。

同僚からの連絡はありませんでした。

私から連絡することも恐ろしくてできませんでした。

その週末は本当に憂鬱でした。


週明けに出勤してからも、しばらく(2日くらい)はまともに顔を合わせられませんでした。


ですから、休み明け後の3日後くらいに同僚のほうから軽い感じでコインチェックの話題を振られたときには本当に肩の荷が下りたような気分で救われました。

今まさに同じ轍を踏もうとしている

一度このような失敗をしている私ですが、相変わらずというか今まさに同じ轍を踏もうとしています。

(というか、もう踏んでいます。)

コインチェックのケースでは、コインチェックが流出したNEMの補償を行うことができたこともあって、最悪の事態には陥らずに済みました

でも、このようなリスクがあることは常に頭に入れておかなければなりません。


今回の株式市場の暴落でも、順張りにせよ逆張りにせよ安易に勧めると大事になりそうな気がして、どっちつかずの状態が続いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました