会社の人事評価は定量化できるのか?

この記事は約3分で読めます。

私は会社の人事評価というものに不満を感じています。

それは何も私の人事評価が悪いから言っているのではありません。


私が勤める会社は製造業で私自身もモノづくりに従事しているのですが、作り上げたモノに対する評価としては客観的かつ厳密な評価基準が設定されるのが普通です。

それに対して、社員の評価(人事評価)はというと、客観的とはだいぶ程遠いものであるような気がしてなりません。


そこで、今回は人事評価の客観性について考えてみたいと思います。

人事評価が客観的であることのメリット

人事評価が客観的であることの評価される側のメリットとすれば、公平感が得られることが大きなメリットです。

やっぱり人事評価ってどうしても上司の好き嫌いに左右されてしまう懸念がぬぐえませんからね。

客観的なデータや指標などを用いて説明してもらったほうが公平感や納得感は増すと思います。


一方で、評価する側の立場からしても、部下の能力を客観的な形で把握できるに越したことはないんじゃないかと思います。

部下が各業務をどの水準でこなせるのかを知っておくことはマネジメントにおいても有益なはずです。

部下の能力を把握できていなければ適切な目標設定などできるはずもありませんからね。

人事評価は公開してもいい

極論になりますが、私自身は個人の人事評価を全社員に公開してもよいと思っているくらいです。

非人道的に思えるかもしれませんが、そもそも公開されるされないにかかわらずその人の仕事ぶりは周知の事実のはずですから、その人が評価通りの仕事をしていれば何ら問題ないはずです。

(他部署からはその人の仕事ぶりがわからないケースもあるので、公開を部署内に限定するのはありだと思います。)


むしろ、評価とその人の仕事ぶりに乖離がないか、評価の妥当性が明らかになることのメリットのほうが重要だと思っています。

人事評価(上司の評価)が同僚からの評価よりも高い、または低いといった場合には当然あちこちから不平不満が出るはずですから、そうした不満に耐えられるだけの強固な人事評価システムであってほしいとの思いがそこにはあります。

今の一面的な人事評価では、客観性のかけらもない人事評価がまかり通ってしまう気がしてならないのです。

会社の人事評価は定量化できるのか?

客観性をもたせるための最も一般的な手法は定量化ですが、社員の能力や成果を定量化することは実際にはかなり難しいことだとは思います。


仕事内容が限定され、かつその仕事内容の再現性が高い分野であれば客観的なデータや指標に落とし込むことはできると思いますが、そういった仕事ばかりではないはずです。

また、必ずしも高い能力を備えていることや優れた取り組みが優れた成果・業績に結びつくわけでもありません。

プロジェクトの当たりはずれもあるはずです。


ただ、だからと言ってそういった取り組みをすぐに諦めてしまうのもどうなのかなとは思います。

例えば、この指標は外的要因に左右されやすいけど一方でこの指標は外的要因に左右されにくい、などの分析をしながら組織運営に適した指標を確立していくというのは個人的にはありなんじゃないかとは思っています。

企業は人事評価なんて重要視していない?

これまで長々とお話ししてきましたが、結局のところ日本の企業は人事評価にそこまで重きを置いていないんだと思います。

日本の企業の多くは未だに年功序列の考えが強いので、現状では人事評価はそこまで大きな意義を持っていません。

人事評価の良し悪しで変わる待遇や給料などたかが知れています。

また、人員の流動性にも乏しいですからそこまで明確に社員の価値を見極める必要もないのでしょう。


ただし、もしもこの先年功序列や終身雇用制度が崩壊して人事評価によって待遇や給料が大きく変わるといった時代になれば、人事評価の意義はきっと見直されることになるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました