むしろ文章は時代遅れ?改めて考える口頭でのコミュニケーションの価値【若者の活字離れ】

この記事は約3分で読めます。

私はこれまでこのブログで文章力(ライティング力)や資料作成(ドキュメンテーション)の重要性を何度も解いてきました。

仕事の中心には常に資料(ドキュメント)が存在しています。

ありとあらゆるドキュメントを作成し、またそれらを読み解いていくことが求められます。

ですから、社会人にとって文章力は決して欠かすことのできない重要なスキルなのです。


しかしながら、日常シーンにおいてはこの文章を使う機会というのは減少するばかりです。

スマートフォン(スマホ)の普及により生活の中心がスマホに置き換わり、今では長文を目にする機会はすっかり少なくなってきました。


また、近年では情報通信技術の発達によりインターネット上の情報量は飛躍的に増加し、これに伴いインターネットの主流はテキストから動画にシフトしつつあります。

インターネットの象徴的な存在であったテキスト文化は終わりを迎えようとしているのです。

文章を理解できない

「若者の活字離れ」という言葉が叫ばれるようになって随分久しいですが、特に最近ではスマートフォンの普及により長い文章を読む機会が減少しているせいか、若者たちの読解力が急激に低下しているというような話はよく耳にします。


こうした読解力が本当に落ちているかどうかはともかくとして、文章に代わる情報の入手手段が台頭してきたことは確かと言えます。

そう、YouTubeなどの動画配信サービスの登場ですね。

何百ページにもわたる本を読まなくてもその中身やポイントをまとめた内容を短時間の動画でわかりやすく解説してくれる、そんな時代では確かに活字を読む機会が減っていくのはある意味仕方のないことなのかもしれません。

事実、私もこうした動画配信サービス漬けの日々を送っています。


こうした話は堀江貴文さん(ホリエモン)も自身のYouTubeチャンネルで話しています。

なんでも昔からメルマガやツイッターで書いてきた内容がYouTube上の自身の動画でやたら再生されているそうで、ホリエモンはこの理由をほとんどの人が文字が読めていない(読んでいない)からだと考察していました。


確かに、文章を読める読めないは別にして、情報をわかりやすく伝える上で動画に勝るものはありません

テキストや静止画と比べても動画は圧倒的に情報量が多く、それはある意味で我々が普段日常で人と関わるのに近い体験を与えてくれます。

話し言葉の価値

これまで散々文章での対話(テキストコミュニケーション)を推奨してきた身ではありますが、では当の本人が口頭でのコミュニケーションに一切頼らないかと言われればそんなことは全くありません。

文書や文章でのやりとりにネガティブなイメージをもたない私でも、少し込み入った内容を調べるのに際して関連する文書や図面を調べるのを躊躇することはよくあり、結局周りの詳しい人に話を聞くというようなことは頻繁にしてしまいます。

口頭でのコミュニケーションの「自分の知りたいことをピンポンで聞けて瞬時にその回答が返ってくる」というメリットは決して無視することのできない大きな魅力なのです。


また、口頭でのコミュニケーションが与えてくれる感情面への働きかけも決して忘れてはいけません

前述のホリエモンの動画にしても、誰かとの対談形式の動画よりも一人語りの動画のほうが評判が良いそうで、こうした一人語りの動画のほうが視聴者はより相手と会話をしている気分になれることがどうやら理由として大きいらしいのです。


人間の本能なのでしょうか、やはり我々の理解をもっとも促してくれるのは耳から入ってくる情報(話し言葉)であると言えるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました