ブログの毎日更新を続けて4ヶ月が経過!?一向に伸びないこのブログを損切りすべきか?

この記事は約3分で読めます。

毎日更新をノルマに掲げているこのブログも、とうとう4か月目を乗り切りました。


ですが、今後の見通しは暗いままです。

「ブログ アクセスゼロ」で検索するとアクセス数がゼロであったり、もしくはゼロに近いことをネタにしているブログはたくさんありますが、たいていそういったブログって更新頻度が不定期だったりしますからね。

私のブログのように毎日更新でアクセスがほぼゼロというのは、きわめて異例なのではないでしょうか。

本来であれば損切りすべきだが…

ブログのアクセスが伸びないことに関して言い訳をしようと思えばいくらでもできます。

SEO対策をしていない、そもそも収益を目的としたブログではない、などなど。


でも、おそらくSEO対策をしたところで、たいして集客につながる結果は得られないでしょう。

本質的な問題はそこではないからです。


これが本当のビジネスとしてやっているのであれば一刻も早く見切りをつけて損切りをすべきな状態です。

自分の身一つでお金を稼ぐのは難しい

そのような状況ですが、幸いにもこのブログは趣味で運営しているのでアクセス数がなくてもやっていけるのです。


一応断っておきますが、あえて収益を狙っていないという意味ではありませんから。

もしも収益を出そうと思えばできる、だけどあえてそれをしないみたいな意味で捉えられたならば、それは大きな誤解です。


そもそも、ブログでもなんでもそうですが、自分の身ひとつでお金を稼ぐのがいかに難しいかということは重々承知してるつもりです。

これまでのべ120記事くらい投稿していて、1記事あたり構想検討も含めれば平均で3時間くらい作成に時間を要していると思うので、トータルで言えば単純計算で360時間くらいの時間をかけたということになります。

これが仕事であれば時給700円で計算しても25万円くらいになるわけです。

ですが、当然今のこのブログの現状では収益が生まれるわけもありません。


もちろん仕事をしていたわけではないのですから、こんな計算は全く無意味なことはわかっています。

でも、実際に時間を使えばお金を生み出せるかというと、全くそんなことはないわけです。

ごく一部の記事でアクセスが伸び始めた

そんな救いのないブログですが、最近ごくごく一部の記事でアクセスが集まるようになりました。

なんとなく想像がつく方もいるかと思いますが、テーマとしては「テレワーク」関連の記事です。


おそらく、テレワーク自体が今年一気に流行した比較的新しい用語であるため、競合が少ないんだと思います。

それで私のブログでも検索に引っかかるようで、そこからの流入というのがちらほらと見かけるようになりました。

(ただし、検索エンジンとしてはbingからの流入がはるかに多く、実際同じワードで検索してもbingは上位表示されるのにgoogleでは圏外になる記事ばかりです。これがSEO対策の差?)

最近テレワーク関連の記事が増えているのはそういった事情もあります。


一方で、投資関連の記事は全く伸びません。

これは競合が強いからでしょうね。

間違いなく投資関連の記事が一番労力を費やしているんですが、難しいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました