テレワークで仕事をサボってしまうのはやる気がないからではなくやるべきことがないから

この記事は約3分で読めます。

テレワークだと仕事はサボり放題。

そんな声をよく耳にします。


確かにそれは一部では事実なのだと思います。

ですが、この意見をそのまま受け止めて「テレワーク=サボりやすい」という構図を作り上げてしまうのはあまりにも短絡的な発想です。


問題の本質がどこにあるかをしっかりと考えるべきです。

やるべきことがあればやるしかいない

仕事というのは、ただ自分のやりたいことをやってればいいというわけではないし、自分のやれる範囲でやっていればいいというわけでもありません

本来やるべきことというのが決まっているはずです。


ですから、別にやる気があろうがなかろうが、やるべきことがあれば結局それをこなすしかないわけです。

それは、通常勤務だろうがテレワークだろうが関係ないはずです。

仕事をサボってしまうのはやるべきことがないから

ですから、テレワークだと仕事をサボってしまうというのはやる気の問題ではありません。

テレワークで仕事をサボってしまう理由、それはやるべきことがないからです。

これはテレワークの問題ではありません。


現実問題として、今は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて世の中的に仕事(受注など)自体が減っているという事情もあります。

仕事の多少の納期遅延は仕方がないと許される場合もある状況です。

また、そもそも業種や職種によってはテレワークで行うことが難しい仕事というのもあるでしょう。


ですから、今はやるべき仕事自体が減っているという事情もあり、テレワークで仕事をサボってしまう(サボれてしまう)というのはそうした側面の影響のほうがむしろ大きいのではないでしょうか。

やるべき仕事がない社員

ですが、一見仕事がたいして減っていないように見える人たちの中にも、テレワークで仕事をサボれてしまう人は大勢いるはずです。


これはつまり、会社にはやるべき仕事がたいしてない社員が大勢いるということを意味しています。

所定の労働時間に対して与えられている仕事量が少ない、あるいは自分のペースで仕事を進めさえすればそれでよいという環境にいる人たちです。


無駄な会議や資料作成などの「仕事ごっこ」をして、労働時間の埋め合わせをしてきた人たちが大勢いるということです。

もしも、その仕事が本当に必要であるならば、決してサボれるはずはないのですから。

やるべきことを管理できていない管理職

そして、これは会社の労務管理の問題でもあります。

社員の労務管理として労働時間、さらに言えば会社にいる時間を管理しているに過ぎず、成果や仕事量を適切に管理できていないからこそ起きる問題です。


このような現状では、テレワークで社員の仕事を適切に管理するというのは難しいでしょう。

テレワークは仕事のあり方を考えるきっかけを与えてくれるもの

テレワークで仕事をサボってしまうのは決してテレワーク自体の問題ではありません。

テレワークによって日本の会社が抱えている問題点が露呈しているのに過ぎないのです。


ですから、むしろ仕事のあり方を考えるきっかけを与えてくれたという意味で、テレワークは大変意義のあるものと言えるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました