自分のできる範囲でやっている限りは成長しない、だから私はブログの毎日更新を続けます

この記事は約4分で読めます。

早いもので、ブログの毎日更新を続けて早5ヶ月が経過しようとしています。

一向にアクセス数は伸びないばかりか、むしろ一時はわずかながらもアクセスがみられたテレワーク関連の記事なども緊急事態宣言の解除とともに一切のアクセスが途絶えるなど、ここ最近のアクセス数は減少傾向を示しています。

再び誰にも見られることのないブログに元通りです。


この通り、ブログ自体はずっとこんな状態が続いています。

一方で、自分自身に関しては少し変化があったのかなと感じています。

そこで、今回はブログの毎日更新を続けてきたことで自分自身に生じた変化について簡単にまとめさせていただきます。

ブログの毎日更新を続けてきたことで何が変わった?

ここまでブログの毎日更新を5ヶ月続けてきましたが、大きく変わったのは以下の2点かなと思います。

  • 文章力が向上した
  • ネタに困らなくなった

文章力が向上した

文章力と一口に言ってもお堅い文章と書くのとブログの文章を書くのでは話が全然違うので、ここで言っているのはブログやweb系のメディアに特化した文章の書き方の話です。


正直なところ、文章力はブログ開始当時から明らかに向上していると感じています。

というか、ブログを始めたての頃の記事なんて今読み返すと自分でも何言っているのかわからないですからね。


これまでのべ150記事くらい書いてきたわけですが、大体1記事あたり平均1500文字くらいでなのでざっと20万文字以上書いてきた計算になりますからね。

多少は文章を書く上での下地が出来てきたんじゃないかとは思っています。

また、過去の記事を読み返してちょくちょく加筆・修正(リライト)してより読みやすい文章に直す作業などもしているので、そういった積み重ねで読者視点でより読みやすい文章の書き方を学んでいきたいと思います。

ネタに困らなくなった

本音を言うと、ブログを始めたころはまさかここまで地道に更新を続けられるとは思ってはいませんでした。

絶対に途中でネタ切れになると思っていましたしね。

別にブログを始める前に何か準備などしていたわけではありませんし、今まで書いてきた内容もすべてブログを始めた後に新たに作成したものです。


もちろん、中には以前から思っていたことを記事に落とし込んだというものもありますが、テレワーク関連の記事などは実際にテレワークが話題になり出してからテレワークをテーマに記事を書いてみようと思って作成したものです。

要するに、ネタを消費するペースよりも生み出すペースが上回っているからネタに困らなくなったということですね。


私の場合、主に仕事関係、特に人間関係をテーマに記事にしているわけですが、このテーマのネタなんて普段の仕事からいくらでも着想できるんですよね。

会社生活で疑問に思った、不満に感じたことなどを書き留めておいてそれをテーマにして記事に落とし込む、これが最近の記事作成の流れですかね。

(そのせいで最近は会社に対する不満や愚痴系の記事が多くなってしまっていますが。。)


もちろん、ネタに困らなくなったとは言っても、それと記事作成とはまた別の話です。

やっぱりネタを記事に仕上げるのって難しいんですよ。

これまで何度も言ってきていますが、頭の中で考えているのと実際にそれを具体的な形に落とし込むのでは全然難易度が違います

実際、決めたテーマに従って書き出してみたものの、全く話が広がらずにボツになったテーマなんていくらでもありますからね。

そういった経験をしているからこそ、会社のその場の思いつきで話してくる人たちに不満を持ってしまうというのもあります。

自分のできる範囲でやっている限りは成長しない

でも、ここまでブログを続けてこられたのも、やっぱり毎日更新という課題を掲げたことが一番大きいんじゃないかと思います。

「量より質」は確かに結果としてはそうなんだと思います。

ですが、そこにたどり着くためにはやはり量をこなすことが必要でしょう。


量と違って質は基準がないですからね。

ですから、「量より質」と言っていると自分基準、つまり自分のできる範囲のことしかやらなくなってしまうと思うんです。

そうして自分のできる範囲でやっている限り、個人としての成長はありません。

ですから、私は今後もブログの毎日更新を続けられるところまで続けていきたいと思います。

【参考記事】

コメント

  1. バニー より:

    グーグルの検索でこの記事にたどり着きました。とても参考になりました。私もブログを始めたばかりなので共感出来ます。またお邪魔します♪

タイトルとURLをコピーしました