格安SIMは何故普及しないのか?【格安SIMの勧め】【IIJmio】

この記事は約5分で読めます。

今や日々の生活に欠かすことのできないアイテムとなったスマートフォン(スマホ)ですが、一方でこのスマホの維持にかかる費用(通信料、端末代)は決して無視できないものです。

スマホ料金に毎月1万円以上も支払っているケースも決して珍しくないと聞きますが、いくらなんでもそれは払い過ぎでしょう。

端末代はともかく、少なくとも通信費に関しては本当にそこまで支払う必要があるのかをもう一度よく考えてみることをお勧めします。


私もかつてはスマホの維持費に毎月6,000~7,000円かけていた身ですが、2014年にいわゆる格安SIMに移行してからは毎月のスマホ料金は4,000円以下に抑えられています。

ちなみにこれは端末料金(iPhone)を含めた金額ですが、特に端末にはこだわらない(安価な端末で構わない)、同じ端末を長く使い続けるという方であればこの維持費はさらに安く済ますこともできます。


そこで、今回はそんな格安SIMについて簡単にご紹介させていただきます。

格安SIMとは?

格安SIMとは、いわゆる通信業界の三大キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)以外の会社が提供している安価なインターネットなどのサービス(正確にはそれを提供するSIMカードのこと)を指します。

SIMカードとは電話番号を特定するためのICカードのことで、このSIMカードを携帯電話に差すことでLTE・3Gといったモバイル回線を使ったインターネットや通話などのサービスを利用することができるようになります。 )


こうしたサービス(SIMカード)を提供する会社のことをMVNO(仮想移動体サービス事業者)と呼び、これらの会社は自社では携帯電話用のモバイル回線を持たず、ドコモやauなどの大手キャリアの回線を借りることでユーザーに格安なインターネットや通話サービスを提供しています。

格安SIMのサービスを提供している会社は数多くありますが、有名なところだとY!mobile(ワイモバイル)、mineo(オプテージ)、LINEモバイル(LINE)、UQモバイル(UQコミュニケーションズ)などが挙げられます。


ちなみに、私はIIJmio(IIJが提供する格安SIMサービス)を利用しています

三大キャリアユーザーのスマホ料金は格安SIMユーザーの2.5倍以上

まず、とにもかくにも三大キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)のスマホ料金は高すぎます。

下の表はソニー生命保険株式会社が2019年に実施した「スマートフォンに関する意識・実態調査」の集計結果ですが、これをみると三大キャリアユーザーの毎月のスマホ料金(平均額)が7,516円であるのに対し、MVNOユーザーは2,830円と、三大キャリアユーザーと格安スマホユーザーでは毎月の支払額に2.5倍以上もの差があることがわかります。

出典:ソニー生命


このように、三大キャリアユーザーと格安SIMユーザーでは月の支払い額に5,000円近い差があるわけです。

それもそのはずで、格安SIMを使った場合の月々の通信料は大手キャリアとは比べものにならないくらい安価に抑えることができるからです。

IIJmioは3GB/月のプランを月額1,600円で利用可能

私が利用しているIIJmioIIJ(インターネットイニシアティブ)が提供する格安モバイル通信サービスです。

最近でこそ競合他社が続々と参入しているためやや存在感が薄れてきてはいるものの、私が格安SIMに手を出した2014年当時は最もメジャーな格安SIMであったような気がします。


IIJmioではもっともメジャーな3GB/月のプランの音声通話機能付きSIM(電話機能のことです)が月額1,600円(ミニマムスタンダードプラン)で利用できます

これは現在の格安SIMとしては標準的な価格帯のようですね。

とはいえ、大手キャリアの料金体系に比べればその名の通り「格安」であることは間違いありません。

また、データプランとしてはほかに6GB/月のプラン(月額2,220円)、12GB/月(月額3,260円)があり、私も現在はこの6GB/月のプランを契約しています。

格安SIMは何故普及しないのか?

このように、大手キャリアを利用していたユーザーが格安SIMに変えることでスマホの月額料金を大幅に節約できる可能性が高いことは間違いありません。

しかしながら、そうした事実があるにも関わらず格安SIMの普及率はいまだに低い水準にあります。

MMD研究所が2020年2月に行った調査によると、格安SIMをメインで利用している人の割合は全体の2割程度に過ぎないとのことです。

裏を返せば、スマホユーザーの大半はいまだに割高な三大キャリアを使い続けているということになります。

これが私には不思議に思えてなりません。


おそらく、この理由として最も大きいのが最初の変更手続きや設定の煩わしさなんでしょうね。

三大キャリアから格安SIM(MVNO)へ移行する際にはいくつか障壁があるのも事実で、そのひとつがキャリアメール(@docomo.ne.jpや@softbank.ne.jpのドメインで終わるアドレス)が使えなくなることだったりします。

実際には昨今の主流の連絡手段はLINEだったりしますし、またgoogleなどで簡単にフリーメールアドレスも取得できるので実際にはたいして支障はないことがほとんどなのですが、いろいろなサービスやサイトでキャリアメールのアドレスを登録している場合も多いと思いますので、確かにそれを変更するのは結構手間だったりはします。


また、やっぱりこうした機械ものに詳しくない人にとっては初期設定が大変というイメージもあるのでしょうね。

実際には全然そんなことはなくて、送られてきたSIMカードをスマホにセットして、WIFIがつながる環境で簡単な設定(APN設定)を行うだけなのですが、それでもうまく設定できなかったときの不安は常に付きまといますからね。

大手キャリアならどこにでも店舗があるので何か困ったらすぐに相談できるというのがありますが、格安SIM業者の場合は実店舗をもたないところもありますから、いざというときの心配がどうしても残ってしまうわけです。


もちろん、充実したサポート体制やいざというときの安心感を理由に大手キャリアを使い続けるという選択は決して間違いではありません。

ですが、その安心感に格安SIMとの差額分の価値があるかどうかは、もう少し真剣に考えてみてもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました