30歳を過ぎてからの成長が難しい理由【ソフトスキル・ハードスキル】

この記事は約4分で読めます。

30代は転職市場における大きな分岐点であるとよく言われています。

35歳を超えると転職が難しくなるという説(転職35歳限界説)は転職市場においていまだ根強く残っています。

20代の転職であれば現在の能力よりも将来性の部分を評価してもらえることも多いですが、これが30代ともなると企業は即戦力としての採用を考えるようになるからです。

また、企業がリストラ(早期退職)の対象とするのも35歳以上の中高年であることがほとんどです。


このように、30歳を過ぎた人間に対する世間の風当たりは強いのです。

そして、実際問題として30歳を過ぎた人間が成長しようとすることは想像以上に難しいことなのです。

30歳を過ぎてからの成長が難しい理由

30歳を過ぎた人間が成長するのが難しいと言われる理由にはいくつかあります。

すでに社会において一定のポジションを確立しているので(悪い意味で)なまけてしまう、またポジションを確立しているがゆえに大きなリスクをとれない、などといった理由もあるでしょう。


しかしながら、これは単に気持ちの問題だけではありません。

そもそも30歳を過ぎると、たとえ本人には成長の意思があったとしてもそれを実現することは難しくなってくると感じています。

その理由は、30歳を過ぎるとソフトスキルを伸ばしていくことが難しくなるからだと思っています。

私自身も30歳を過ぎた中年社員ですが、これを日々痛感しています。

ソフトスキルとハードスキル

ビジネスパーソンの能力は大別すると「ソフトスキル」と「ハードスキル」があると言われています。

ソフトスキル」とは、 コミュニケーション能力、ファシリテーション能力、リーダーシップ、マネジメント、メンタルの強さ、人柄などの対人関係に関する能力(ヒューマンスキル)のことを指します。

一方で、「ハードスキル」とは、論理的思考力や各専門分野に関する知識(会計学、プログラミング能力、エンジニアリングなど)といった理論的、体系的な知識のことを指します。


特に最近は前者の「ソフトスキル」に対する注目が集まっています

後者のハードスキルの分野は今後のAIの進化によって人間ではなくAIが担うことになる可能性が高いと言われており、そのため、今後のビジネスパーソンに必要とされる能力としてAIでは代替が難しいとされるソフトスキルの重要性が高まってきているのです。

30歳を過ぎた人間がソフトスキルを向上させることが難しい理由

ですが、このソフトスキルというのは30歳を過ぎた人間が向上させていくのは難しいものだと思っています。

そもそも、ソフトスキルとは対人関係に関する能力であり、これはこれまでの長年の人生経験によって形成されてきたものです。

一長一短で身に付くものではありません。


たとえば、ハードスキル、仮にプログラミング能力などであれば現在の職に就いてから覚えたという人も少なくないはずで、その場合の経験年数は30代前半であれば10年かそこらということになります。

ですから、ハードスキルに関しては本人の気持ち次第では30代からでも十分に挽回が可能です。


それに対し、ソフトスキルというのはそれよりもずっと前、大学生、高校生、あるいはそれ以前からの長年にわたる人生経験によって形成されてきたものです。

ですから、30代ともなるとすでにソフトスキル(ヒューマンスキル)に関してはほぼ完成しきっているとも言え、それを変えていこうと思うならば並大抵ではない努力が必要になるはずです。

30歳を過ぎた人間のソフトスキルを指摘してくれる人は少ない

また、30歳を過ぎてからソフトスキルを伸ばすことが難しいもうひとつの理由として、年齢を重ねるごとにこのソフトスキルの部分を指摘される機会が少なくなることが挙げられます。

ソフトスキルは目に見えない定性的な能力とも言われ、自分ではその能力を客観視するのは難しいものです。


20代であればこのような人間的な未熟さはまだ許される年齢であり、周りも指導をしてくれたり経験の場を与えてくれたりします。

ですが、30歳を過ぎた人間に対しても同じように接してくれる人はそうは多くありません。

周りも変に気を遣うようになります。

自分よりも年下の人間と一緒に働く機会も増えてきますが、年下の人間がこうした部分の指摘をしてくれることは絶対にありません。

ですから、自分の未熟さに気づかないまま年を重ねることになってしまうのです。


幸いなことに、いまだ日本企業の多くが終身雇用や年功序列といった制度を維持しています。

ですから、サラリーマンは会社という船に乗り続けられている限りその身は安泰と言えるでしょう。


しかしながら、その船が沈みかけたときに真っ先に切られる存在となるのが、成長性が低く、その上決して安くない給料をもらっている30代半ばを過ぎた社員たちであるということは頭に留めておくべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました