テレワーク普及の鍵を握るのは管理職である理由

この記事は約4分で読めます。

新型コロナウイルスの感染拡大を機に一気に普及が進んだテレワークですが、最近では耳にする機会もすっかり減りましたね。

私の職場でもテレワーク自体は続いています(だいたい週に1~2日をテレワークにあてる人が多いです)が、人によってテレワークをとったりとらなかったりで、今やテレワークは過去のものとなりつつあります。

テレワークとは一体なんだったのか状態です。


最近では再び新型コロナウイルスの感染拡大の兆候が見られ始めていることから、政府は各企業に従業員のテレワーク率70%を目指すよう要請するといった報道もされているようです。

このテレワークの普及を推し進めるのにあたっては、鍵を握るのが管理職の人たちであると思っています。

テレワークが上手くいくかどうかは管理職にかかっていると言えるのです。

テレワークができるのにテレワークをしない管理職

正直、管理職の仕事というのは比較的テレワークがしやすい仕事であるはずです。

テレワークが普及しない理由のひとつに、会社の設備や機器を使用しなければ遂行できない業務の存在があります。

たとえば製造業の場合、モノづくりを行う製造現場はもちろんのこと、製品開発や製品評価を行う部署においても実験や評価を行うには特定の設備や機器が必要となり、そのためには会社に出社する必要がどうしても出てきてしまうのです。


そうした仕事に比べると、管理職の仕事というのはデスクワークが中心であり、必ずしも出社を必要とする仕事ばかりではないはずです。

ですから、管理職の仕事はテレワークに移行したとしても、比較的支障が少ないように思えます。

ところが、現実には管理職の人たちというのはテレワークに対して消極的なように写ります。

私の会社でも、管理職の人たちはあまりテレワークを行わないといった印象です。


もちろん、それには様々な理由があるのでしょう。

しかしながら、会社の手本となるべき上の立場や役職の人たちが率先してテレワークを行っていかないとすれば、会社としてテレワークを推進していくことは難しいはずです。

【参考記事】

テレワークで部下が仕事をさぼれてしまうのはマネジメントができていないから

テレワーク環境になって管理職の人たちが真っ先に心配することは「テレワークだと部下が仕事をさぼってしまうのではないか」ということでしょう。

確かに、テレワークではたとえ部下が仕事をせずに遊んでいたとしても、直接それを知ることは難しいように思えます。

ですが、労働による成果物を管理するなど、間接的にであれば部下がきちんと仕事をしているかどうかを知ることは十分にできるはずです。


部下がテレワークで仕事をサボれてしまう原因は上司にもあります

その原因とは、部下の仕事量と成果を管理できていないことです。

会社にいようが自宅にいようが、やるべき仕事の総量が決まっているのであれば結局それをこなすしかありません

さぼるさぼらないはその社員の自由ですが、結局いつかはその埋め合わせを自分自身でしなければならないはずなのです。


ですから、テレワークを円滑に進めるためには上司は部下の仕事量を適切に管理していかなければなりません

仕事の作業ボリュームと部下の能力を見極め、その仕事にどのくらいの時間を要するのか、これだけの時間を要するとどのくらいの成果を得られるのか、などといったことを把握していく必要があるのです。


ところが、現実はそういったマネジメントが行われていないというのが実態なのだと思います。

もちろん、あまりにぎちぎちな管理を行うことはかえって部下の労働意欲を失わせることになりかねないため、そこまで厳密に管理する必要があるのかと感じる人もいるかと思います。

ですが、さすがに1日中さぼっていてもそれがわからない(支障がない)というのは、やはり上司のマネジメントに根本的な問題があるのではないかと思ってしまうわけです。

実はテレワークだと容易にさぼれてしまう管理職

このように、部下が仕事をさぼれてしまうのは部下のやるべき仕事が管理されていないことが大きな理由のひとつであると考えています。

ですから、上司(管理職)は部下の仕事量や成果を適切に管理する必要があるわけです。


ですが、その一方で当の管理職の人たちの仕事というのは成果管理が難しいものです。

管理職の場合、会議に出席したり部下の仕事のサポートをするなどのように、他の誰かに関与する形で行われる仕事が非常に多いと思います。

これらの業務は適切な業務時間が設定されているわけでもないし、決して明確な成果を伴うものではありません。


ですから、実は管理職の仕事こそテレワークで容易にさぼれてしまうものであると言えます。

仕事の成果を判断することができない以上、もはやその人がきっちりと仕事をこなしていたかを知る術はどこにもないのです。


テレワークが普及していけば会社員の評価は成果主義をベースとしたものにシフトしていくはずですが、この成果主義の厳しさを最初に突き付けられるのはおそらく管理職の人たちになるはずです。

成果の見えない仕事をしている以上、その仕事およびそれに従事する人たちの存在意義が問われることになるからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました