Withコロナ時代は私の会社生活の救いになっているという話

この記事は約4分で読めます。

社会の常識が大きく変わりつつあります。

新型コロナウイルスが猛威をふるう今の世の中において、人々はこのウイルスと共存していくほかありません。

そんなWithコロナの世界になってもうしばらくが経ちます。


このWithコロナ時代の新しい生活様式をなかなか受け入れられずに苦しんでいる人たちも多くいることでしょう。

その一方で、私の場合はこのWithコロナ時代に比較的うまく適応できていると自分では思っています。


むしろ、仕事や会社での働き方のことを思えば、Withコロナ時代は私の人生の救いになっているとさえ言えます。

Withコロナ時代に働き方がどのように変わったのかと、それが私の会社生活に与えた影響についてご説明させていただきます。

テレワークが普及した

新型コロナウイルスの感染拡大懸念を受けて、多くの企業がテレワーク(在宅勤務)の実施に向けて動きだしました。

このテレワーク、自分にはすごく合っている働き方だと感じました。


人との関り合いが少ないテレワークでは、仲間意識の強さや人間の感情に働きかけるような能力(一生懸命な素振りであったり、周りの人への気遣いといったもの)というのは重視されにくくなります

ですから、周りと上手く関わることはできないけれども黙々とタスクをこなすことであればそれほど苦にならない私のような人間にとっては、テレワークは自分のパフォーマンスを大いに発揮できる働き方であると言えるのです。


私の勤務先でも、頻度としては週に1日程度ですがテレワークを継続しています。

今後も会社がテレワークを継続していくかどうかについてはわかりかねますが、私としては今後もテレワークを続けていきたい気持ちが強いです。

ですので、テレワークを活用することで業務効率が上がったといった実績を作るなどして、テレワークの有効性を周りに認めてもらえるようにするんだという気持ちで現在テレワークに励んでいます。

WEB会議が普及した

今やWEB会議などは当たり前に行われるようになりました。

大勢の人間が一斉に集まって行われるという昔ながらの会議のイメージは崩れつつあります。


対面コミュニケーションを苦手とする私からすれば、これは非常にありがたい流れです。

また、私が意識している業務効率の観点からもWEB会議は合理的であると考えています。

WEB会議は対面での会議に比べて疲れやすいという声も聞かれますが、かといってあまりお気楽な会議というのもどうかと思うのです。

会議が単なる雑談の場になってしまっていて、会議の本来の目的であるはずの物事を決定したりコンセンサスをとるプロセスがおざなりになっているケースも多々みられます

また、そのような会議ばかりを経験していると、会議が円滑に進むように発言を促進したり、話の流れや課題を整理したりする会議進行(ファシリテーション)の技術がいつまで経っても身についていきません。


WEB会議のほうが、適度な緊張感があり、かつ遠隔にいる人同士の発言をうまく整理していく作業が必要となるため、そうしたファシリテーションの技術が磨かれていくはずです。

それにより、会議がより洗練されたものとなっていくと考えています。

出張が減った

ビジネスの現場では仕事のリモート化が急速に進んでいます。

テレワークやWEB会議もそのひとつの形ですが、それによって大きく減ることになるのが出張です。

本当に必要な出張のみが許可されるといった現在の状況であり、それによって出張の機会は激減しました


出張というものは、仕事半分、遊び半分なところがあります。

日中は仕事に励み、アフターファイブは遊びに励む、それができるビジネスマンの働き方という印象です。

そして、当然ながら私にはそんな働き方はできません。

コミュ障の私にとって、出張時のアフターファイブは自分のコミュ障ぶりをまざまざと見せつけられてしまうため、苦痛でしかありませんでした。

出張というものが会社に存在する限り、私が会社から評価されることは一生ないだろうなと感じたくらいです。


ですので、出張の機会が減るということはこのようなコミュニケーションの機会が減るということでもありますので、コミュ障の私にとっては大いに歓迎するところなのです。




社員がひとつのオフィスや会議室に集まってデスクワークや会議を行うといった働き方は時代遅れのものとなっていくのかもしれません。

デスクワークは在宅で行い、会議やコミュニケーションはWEB会議やビジネスチャットなどのオンラインで行う、それが今後の時代のスタンダードとなるかもしれないのです。


皮肉にも、Withコロナは世の中のあり方を私が望む方向に向かわせているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました