「うつは甘え」と言わせないためにも会社は健康な社員が得をする環境にしていくべき

この記事は約3分で読めます。

「うつ」というものに対する世間の反応は様々です。

うつは甘え」という考えをもつ人も少なからずいるでしょう。

そして、それが全くの間違いであるとも思いません。


私が思うに、うつが甘えだと言われてしまうことの背景には、うつで会社を休んでいる人たちに対するやっかみの気持ちが少なからずあるのではないでしょうか。

うつと診断された社員に対しては、大企業などにおいては決して悪くはない待遇が待っています。

ある意味では、普通に働いているときよりもよっぽど良い待遇であると言えなくもありません。


ですから、「うつは甘え」と言わせないためにも、会社はもっと健康な従業員への待遇を手厚くしてこのような”逆差別”をやめるべきだと思うのです。

仕事に行きたくない

私は心身ともに健康な身ではありますが、会社になんてできれば行きたくないと毎日思っています。

多くの人たちがきっと同じような思いを抱いているはずです。

何も好きで仕事をしているわけではありません。

自分が生きていくため、家族を養うため、そのために好きでもない仕事をして働いているのです。


そんな私のような人間からすると、「うつ」で会社を休む、または休んでいる人たちに対しては、ある種の羨ましさのような感情を抱いてしまうのです。

仕事を休みたい社員と仕事を休ませたい会社

公務員や大企業では、比較的こうした心の病気や不調に対する療養制度が整っています。

実際、うつ病はともかくうつ状態であれば難なく診断結果が下りるという話も聞いたりもします。

ですから、仕事から逃げ出したい、会社を休みたい、そのための理由付けとして診断書をもらうということも実際のところ簡単にできてしまうのだそうです。

また、企業側もうつ状態の社員に対して適切な対策をとっていないと法令上の安全管理責任を問われる可能性があるため、いわばアリバイ作りのために休職を勧めるケースもあったりするそうです。


ですから、会社を休みたいという社員側とアリバイ作りをしたい企業側でお互いのニーズがうまくかみ合い、休職者が後を絶たないということも起きてしまうのです。

仕事に行かなくてもいいのが羨ましい

大きな会社ほど休職制度や福利厚生もしっかりしているので、多少休んだところで給料が大幅に減らされたりあるいは解雇になるという恐れはまずありません。

ですから、休職者に対して同情の気持ちもなくはないものの、「休職制度という後ろ盾がある」とわかっているからこその休職にも思えてしまい、「うつは甘え」に近い感想を持ってしまうのです。


もしも、これがたとえばうつと診断された従業員は即クビになるという話であれば、おそらくそういった感想にはならないでしょう。

そのような環境でうつになってしまった人に対しては、きっと皆が心の底から心配してくれるはずです。

健康な従業員が一番得をするべき

だからといって、うつになってしまった人に対しての風当たりをきつくしろなどと言いたいのではありません。

どちらかというと、私が言いたいのはむしろ健康を保っている社員の待遇を手厚くすべきだということです。


やはり、健康を維持している従業員が一番得をするべきだと思うのです。

付与された有給休暇などはすべて消化できてよいはずです。

そうすれば、体調管理ができている社員は有給休暇を満喫することができるようになるはずです。

健康な従業員が得をするようになることで、皆が健康的であることを目指そうとするはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました