上司と部下の話し合いはオープンな場所で行われるべき理由

この記事は約4分で読めます。

職場の人間関係に悩む人はおそらく多いはずです。

中でも、上司と部下の関係性は特に難しいものとされています。


私もそうした職場の人間関係、特に上司との関係性に悩んでいる(悩んでいた)うちのひとりです。

過去には上司と衝突したことが原因での部署異動も経験しています。


そんな私に言う資格はないかもしれませんが、こうした職場の人間関係に関して私自身思うところがあります。

それは、上司と部下のコミュニケーションはオープンな場で行われるべきだというものです。


私がそのように思う理由についてご説明します。

上司と部下は対等ではない

上司という存在は部下からすれば大いに不満を抱く存在であることが多いかと思います。

その理由には、上司と部下が対等な関係にないことが挙げられます。


言うまでもなく、上司のほうが立場が上です。

ですから、立場が上の上司が立場が下の部下に対して責めたり批判をしたりするのは比較的簡単にできます。

ですが、その逆、つまり部下が上司に何かものを言うのは簡単ではありません

特に日本人は礼儀を重んじる傾向が強く、部下が上司に反論することなどあってはならない、無礼だという考え方がいまだ根強く残っています。


そのため、上司が部下を一方的に責める、または理不尽な要求をするということが起こりやすいのです。

パワハラとまではいかないにせよ、上司がその立場を利用して部下を精神的に追い詰めることが容易にできてしまうのです。

【参考記事】

理不尽な上司の話

このように、対等な関係にない間柄で行われる話し合いというのはときにひどく理不尽なものとなりえます


たとえば、何か問題が起きたときに上司と部下の意見が衝突したとして、仮に部下の言い分のほうに圧倒的に分があったとします。

その上司と部下の過失が仮に「9:1」だったとして、このときどういうことが起こりえるかというと、上司によっては部下のこのわずかな「1」の過失の部分を徹底的に突いてくるのです。

それはこんなイメージです。


〜問題発生時のとある会話〜

上司「ちゃんと〇〇と□□と△△はやったのか!?」

私「〇〇も□□も△△やりました」

上司「じゃあ××はやったのか?」

私「××はやってません」

上司「!!! なんで××はやってないんだ!? それが問題の原因だろ!!」


このように部下の粗捜しが始まって、わずかでも綻びが見つかると問題の原因がすべてそこにあったかのように強引に結び付けようとしてくるのです。

ですから、部下側に落ち度がひとつでもあったならば、それでもうお終いです。

そういった上司のもとでは、部下はそこを徹底的に責められることになるでしょう。

全体的な観点からの話や上司側の落ち度はどうだっただとかは、そんなことはもう関係ないわけです。


これはあまりにも理不尽な話だと思うのです。

上司と部下の話し合いはオープンな場所で行われるべき

このように、対等な間柄にない者同士の話し合いでは理不尽な話が平気でまかり通ってしまうという恐れがあります。

だからこそ、対等な立場にない上司と部下の話し合い(コミュニケーション)はオープンな場所で行われるべきだと思うのです。


上司と部下の話し合いに関しては、むしろ個室や密室で行ったほうがよいという意見もあります。

部下を人前で叱るのは部下のプライドを傷つける行為だからというのがその理由としてあります。

ですが、それはどちらかというと表向きの理由で、本当のところは単に自分に都合の悪い話を周りに聞かれたくないというのが一番の理由だと思っています。

このような話し合いが第三者の目に届かない場所で行われてしまうと、かえって会話の一方性が助長されてしまうだけでしょう。


ですから、オープンな場所で話し合いを行い、周りにもその話し合いの中身を知ってもらうべきだと思うのです。

やり方は会話に限らず別にメールや文章でのやり取りをするのでも構いませんし、むしろそちらのほうが履歴に残るので責任の所在をはっきりさせるという意味では効果的とも言えます。

話し合いや口論の内容が周囲の目にさらされることで、各自の言い分や主張の妥当性が正当に評価されるようになるはずです。

自身に都合の良い主張ばかりしていれば、周りからの信頼も失うことにもつながりかねないのです。


従業員の評価はその人を取り巻くすべての人たちによって行われるべきだと私は思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました