このブログの更新頻度が私の会社に対する不満の多さを証明している

この記事は約2分で読めます。

正直な話、このブログを開設した当初はここまでブログを長続きさせることができるとは思ってもいませんでした。

実際、開設当初から今に至るまで(一時的なバブルはあったにせよ)アクセス数はずっと低空飛行を続けています。


ですから、ブログの更新を続けている理由はこのブログを見てくれる誰かのためなどでは決してなく、すべて自分自身のためなのです。

このブログは私の感情の発散の場です。


そして、このブログの記事の多くが仕事に対するものであることからわかるように、私はこのブログで会社や仕事に対する不満を発散させています。

要するに、このブログの更新頻度は私の会社に対する不満の多さに支えられているようなものなのです。


コミュ障かつロジハラ社員である私にとって、このブログが会社に対する不満を発散させることができる唯一の場です。

コミュ障

公言している通り、私はコミュ障です。

人とうまく関わることができません。


コミュ障にもいろいろなタイプがありますが、私はタイプとしては空気を読めないタイプのコミュ障だと思います。

正確には空気自体は読めるのですが、その空気に合わせることができないタイプです。

他愛のない話ができません。

愛想笑いもできません。

このタイプは集団生活では苦労することが多いです。

ロジハラ

それでいて、私はロジハラ気質のロジハラ社員です。

ロジハラとはロジカル・ハラスメントのことで、ロジックや正論を多用することで相手に心理的な苦痛やプレッシャーを与える嫌がらせのことらしいです。

(ロジハラについてはこちらから。)

【参考記事】


私は周りの人たちと軽い雑談をしたり打ち解け合ったりすることができません。

ですが、その一方では、相手の話に対して論破しようと食いかかってしまうことがあります。

軽い会話ができない一方でロジハラじみた行為をする、まさしくコミュ障そのものと言えますね。


それで場を気まずくさせてしまうこともあります。

円満な人間関係を保つことができない

会社生活というのは最終的には人間関係に行き着くのだと思います。

ですから、円満な人間関係を保つことが何より重要なわけです。


そして、私にはその能力が欠けています。

職場に自分の居場所なんてありません。

一体あとどのくらい今の会社にい続けられるかはわかりません。


このまま今の職場にい続ける限り、一生惨めな気持ちで過ごすしかないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました