後輩を「くん」付けで呼ぶのは失礼?

この記事は約3分で読めます。

私は、言葉遣いはどちらかといえば丁寧な方だと思います。

それは後輩に対しても同じで、後輩と接するときにも言葉遣いなどには気を付けているつもりです。


ただ、私は基本的に後輩に対しては「くん」付け(女性社員は「さん」付け)で呼ぶようにしているのですが、このように後輩を「くん」付けで呼ぶのは失礼だという考え方があるそうです。

今回は、このテーマについて考えていきたいと思います。

後輩に対しても丁寧な言葉遣いを心掛けるべき理由

私自身、職場の後輩に対して、先輩社員に対してと同じように丁寧な言葉遣いをするように心掛けています。

それは、相手の年齢だけで目上・目下を判断するべきではないと考えているからです。


年功序列の考えがいまだ根強く残っており、かつ新卒一括採用が基本とも言える日本の会社で働いていると、年齢や入社の早い・遅いが絶対的なもののように思えてしまいます。

自分よりも年上(または勤続年数が長い)の社員に対しては「さん」付け、一方で自分よりも年下(または勤続年数が短い)の社員に対しては「くん」付け、または「呼び捨て」で呼ぶ人はおそらくかなり多いのではないでしょうか。

年下というだけで相手を目下のように扱うべきでない

しかしながら、このように相手を「くん」付けまたは呼び捨てにする行為は相手を目下に見ているようにもとられかねないものです。

これらの言葉遣いは、基本的には自分と同格または格下と考えている人間に対して使われるものです。

普段、会社で目上の人間を呼び捨てにすることなど絶対にありえないことでしょう。


年功序列とは言っても、上司と部下の年齢逆転が起きることは決して珍しいものではありません。

今後も年功序列の風潮が薄れていけば、こうした逆転現象はますます起きやすくなってくることでしょう。

自分より年下の社員が、ある日突然自分の上司になることも十分ありうるのです。

そんなとき、これまでただ自分よりも年下というだけで「くん」付けまたは「呼び捨て」にしていた社員を突然「さん」付けで呼ぶようになるというのもなんとなく決まりが悪いような気がします。


また、そもそもの話として、会社での序列が相手よりも上という理由だけであまり上から目線で話すというのも、果たしてどうなのだろうかと思ったりもします。

先ほども述べた通り、年功序列の風潮の強い日本の会社においては、実力が伴っていなくてもある程度の年齢に達すればそれなりの役職にはつけるものです。

ですから、その程度の価値しかない役職を盾にして相手に対して威圧的な言動をとったりマウンティングをとったりすることは、実に愚かな行為のように思えてしまうのです。


自分よりも年下、あるいは役職が下というだけで、相手を目下のように扱う言動は慎むべきでしょう。

後輩を「くん」付けで呼ぶのは失礼か?

ただ、ここでひとつ問題となってくるのが、相手を「くん」付けや呼び捨てにすることは果たして本当に失礼なことだろうかという点です。

たとえば、親しい間柄の人間に対しては、普通「くん」付けや呼び捨てで呼ぶものでしょう。

同期の同僚を「さん」付けで呼ぶのは、あまりにもよそよそしいような気がしてしまいます。


これは、後輩に対しても当てはまる話です。

変に後輩を「さん」付けで呼んでしまうと、後輩からすればかえって自分が距離を置かれているような感覚を受けてしまうかもしれません。

たとえ「くん」付けや呼び捨てであっても、相手との信頼関係が築けているのであれば決して失礼などではなく、むしろ親しみを感じてもらえるかもしれません。


円滑なコミュニケーションを図るためにはある程度のフランクさも必要です。

相手との適度な距離感をつかむことは、コミュニケーションにおいて何よりも重要なことです。


近すぎず遠すぎず、そんな絶妙な距離感をつかむことができる人がコミュ力の高い人と言えるのでしょう。

【関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました